ビューティ
連載 ファッション業界人も知るべき今週のビューティ展望 第116回

進化するスキンケアが抱える二つの課題

有料会員限定記事

ビューティ・インサイトは、「WWDJAPAN.com」のニュースを起点に識者が業界の展望を語る。今週は、薬機法やさまざまなガイドラインにより商品特徴が伝わりにくいスキンケアアイテムの話。(この記事はWWDJAPAN2023年6月12日号からの抜粋です)

【賢者が選んだ注目ニュース】
ロート製薬が美容医療発想の新スキンケアブランド発売 医療研究と美容研究の知見を融合
「クレ・ド・ポー ボーテ」のハリ美容液が進化 弾むようなハリと潤いに満ちた肌に導く

コロナ禍を経て、ビューティの分野でも「売り方」「買い方」のデジタルシフトが急激に進んだ。バラエティーショップやドラッグストアなどのセルフ販売チャネルはデジタルとの親和性が高く、メイクシミュレーションやオンラインカウンセリングといったコンテンツが充実したことで従来よりも深いコミュニケーションが可能になった。一方で百貨店・専門店など対面販売を行ってきたチャネルにとっては、直接対話できないデメリットをカバーする方向でデジタルシフトを進めなければならず、動画配信やライブコマースなどの双方向性に欠けるコミュニケーション手法に試行錯誤しながら取り組んできた。

真の商品価値は口頭だけで伝えられる

化粧品には薬機法に基づく厳しい規制があり、メーカーの業界団体でも広告表現や機能表示などに関するさまざまなガイドラインが存在する。こうした規制は美容メディアにおいても例外ではない。新商品発表会で伝えられる研究内容や「新知見」は、そのままでは記事にすることのできない情報ばかりだ。記事で使える表現はごく限られているため、例えばブライトニング美容液を選ぼうとしても「透明感」「潤い」「くすみ」という限られた単語が並ぶ記事から商品の特徴を理解するのは至難の業だ。さらにインフルエンサーなどの個人がSNSで発信する美容情報も正確性には幅があり、受け手にとって真偽を判断することはやはり難しい。

この続きを読むには…
残り1289⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

有力企業17社の新卒採用責任者が登場 ファッション&ビューティ業界の「イマドキ採用」特集

「WWDJAPAN」2月19日号は、ファッション&ビューティ企業の「新卒採用」特集です。コロナ禍を経て、新卒の採用活動は大きく変わりつつあります。コロナ禍の収束に伴う求人倍率の上昇、慢性的な人手不足、就活の長期化などによって、かつてのような「大量にエントリーを集め、面接でふるい落としていく」というやり方は、すでに過去のものになっています。現在のキーワードは「相互理解」「ホンネ」「共感」。福利厚生の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。