ファッション

【2023年キャンプ】「ヘイ」が屋外で使える家具をそろえたポップアップを六本木で開催

デンマークのインテリアブランド「ヘイ(HAY)」は、6月1〜25日の期間、東京ミッドタウンのミッドタウンガーデン内に所在する21_21 デザインサイトギャラリー3でポップアップを開催する。「ヘイ」が復刻したヘリット・リートフェルト(Gerrit Rietveld)による「クリエイト コレクション(CRATE COLLECTION)」を中心とした新作家具や照明、アウトドア商品などの魅力をインテリアスタイリストの作原文子が手掛けるスタイリングで表現する。

ヘリット・リートフェルトの「クリエイト コレクション」は、余った輸送用木箱を活用して1934年にデザインされたコレクションだ。今回、リートベルト オリジナルスとの協業により復刻したコレクションでは、緩やかに傾いた背もたれや座面、アームレストからなる低めのデザインが特徴のチェアをラインアップした。

そのほか、さまざまな家具のコレクションを用意する。ハネツ&フリッツの「ウィークデイコレクション(WEEKDAY COLLECTION)」は、パーティで席が足りなくなってしまったというデザイナー自身の経験から、人々が集まれるようにというコンセプトで作った。ピクニックベンチを思わせるシンプルな構造のテーブルやベンチをそろえる。

フランス人デザイナーのインガ・センペ(Inga Sempe)による“ムースケトン ポータブル ランプ”は、充電式バッテリーを搭載した屋外用LEDランプだ。フランス語の「カラビナ」にちなんで名付けられており、簡単に設置することができる。

「パリセイド コレクション(PALISSADE COLLECTION)」はロナン&エルワン・ブルレック (Ronan & Erwan Bouroullec)兄弟が「ヘイ」のためにデザインした屋外用家具コレクション。シンメトリーなデザインで、見た目はシンプルでエレガントな印象でありながらも、強度と耐久性を備えている。

■Summer Greetings by HAY
会期:6月1〜25日
場所:21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3
住所:東京都港区赤坂9-7-6(東京ミッドタウン ミッドタウン・ガーデン)

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。