ファッション

「シンイチロウ アラカワ」はなぜファッション界を突然去ったのか【90年代リバイバルの源泉】

有料会員限定記事

 2020年代のファッションを象徴するトレンドに1990年代リバイバルや“Y2K”がある。これらを経て、2020年代のトレンドはこの先どう変化していくのだろうか。1990年代に一斉を風靡したデザイナーたちや、カリスマ的人気を誇ったショップの仕掛け人、大ヒットした雑誌の編集長が当時を振り返りながら、この先のファッション界の変化を予想する。(この記事は「WWDJAPAN」2023年月4月24日&5月1日合併号からの抜粋です)

荒川眞一郎/「シンイチロウ アラカワ」デザイナー

PROFILE:(あらかわ・しんいちろう)1966年生まれ、群馬出身。89年にパリに渡り、92年にスタジオ・ベルソーを卒業。93年に「シンイチロウ アラカワ」を立ち上げ、パリ・ファッション・ウイークに初参加する。その後も日本とパリと行き来しながら、95年には東京でも初のショーを下北沢で行い、97年にはパリにショップを開いた。同年には、バイクメーカーのホンダと協業した“スピード&クラフト”を発表。2000年代初頭にファッション界から身を引き、現在は主にバイクウエアを制作 PHOTO:KO TSUCHIYA

 「シンイチロウ アラカワ」の荒川眞一郎デザイナーは、パリの名門校の入学初日に、デザイン画が「最低最悪」という評価を受け、利き手とは逆の左手でデザイン画を描き続ける指導を受けた。「2〜3カ月続けていると、これまでクリエイティブを意識した作風だったが、左手で描くときは人間の体をよく見る分、徐々に人らしい頭身になり、リアルクローズを考え始めた」。

人生を変えたネメスとの出会い

この続きを読むには…
残り1363⽂字, 画像9枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。