ファッション

ユニクロ、スウェーデンオリンピック委員会との契約を26年のミラノ・コルティナ五輪まで延長

 ユニクロは、2019年に締結したスウェーデンオリンピック・パラリンピック委員会とのパートナーシップ契約を、24年末までから延長し、2026年にイタリアのミラノ・コルティナダンペッツォで開催予定の冬季五輪・パラ五輪まで継続すると発表した。スウェーデン代表選手団に、大会時や移動、宿舎で過ごす時間などさまざまなシーンに対応できるコレクションと、競技ウエアを提供する。

 ユニクロは21年に東京で行われた夏季五輪・パラ五輪(以下、大会)、22年の北京冬季大会でもスウェーデン代表選手団にウエアを提供してきた。24年にパリで行われる夏季大会も同様だ。選手団と取り組む中で、20年にはユニクロ初のチームブランドアンバサダー「ユニクロチームスウェーデン」を結成し、選手の声をウエアの開発に生かしている。同時にスウェーデンの子どもたちが選手と交流し、アクティブで健康的な過ごし方などを学ぶプログラム「ユニクロドリームプロジェクト」も開催してきた。同プロジェクトには、23年3月末までで約4万2200人の子どもと約600の学校が参加したという。

 契約延長を受けて、ユニクロの親会社ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は「世界トップレベルのアスリートとともに、次世代の“LifeWear”開発や『ユニクロドリームプロジェクト』などの明るく元気な未来を作る取り組みを今後も推進し、世界をよりよい方向に変えていく」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。