ファッション

エルメス、22年は29%増収 今年は7~10%の値上げを予定

 エルメス・インターナショナル(HERMES INTERNATIONAL以下、エルメス)の2022年12月期決算は、売上高が前期比29.1%増の116億200万ユーロ(約1兆6590億円)、営業利益は同33.1%増の46億9700万ユーロ(約6716億円)、純利益は同37.7%増の33億6700万ユーロ(約4814億円)だった。

 地域別の売上高は、米国の観光客が増加したフランスが同26.9%増の10億6400万ユーロ(約1521億円)、フランス以外のヨーロッパは同17.8%増の15億3600万ユーロ(約2196億円)、日本は12.6%増の11億100万ユーロ(約1574億円)、日本以外のアジア太平洋地域は同30.7%増の55億5600万ユーロ(約7945億円)、南北アメリカは同46.6%増の21億3800万ユーロ(約3057億円)だった。なお、中国市場は厳しいロックダウン措置が取られていた時期でもECによって売り上げをある程度維持していたことから、10~12月期(第4四半期)の売上高は前年同期比24.7%増、通期でも前期比22%増となった。

 カテゴリー別での売上高は、レザーグッズが同21.3%増の49億6300万ユーロ(約7097億円)、衣料・アクセサリーは同42.0%増の31億5200万ユーロ(約4507億円)、シルク・テキスタイルは同25.8%増の8億4200万ユーロ(約1204億円)、香水・ビューティは同16.3%増の4億4800万ユーロ(約640億円)、ウオッチは同54.0%増の5億1900万ユーロ(約742億円)だった。

 アクセル・デュマ(Axel Dumas)最高経営責任者(CEO)は、「特に海外市場が好調だったおかげで、22年も素晴らしい業績を上げることができてうれしく思う。これは明確なスタイル、高い機能性、妥協のない品質を追求する当ブランドのアプローチが評価された結果だと考えている」と語った。同氏はまた、アナリスト向けの決算説明会で、「主に中国と米国で、可処分所得が増加した中産階級に属する、より若い新規顧客が増えている。彼らは必ずしも高価格帯の商品を購入するわけではないが、『エルメス』ならではのラグジュアリーを求めて来店し、業績に貢献してくれた」とコメントした。

 ここ数年、生産コストや人件費の上昇を受け、ラグジュアリーブランドでハンドバッグなどの値上げが続いている。「エルメス」も22年に4%程度の値上げを行っているが、23年も7~10%の値上げを実施する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。