ファッション

リアーナとエイサップ・ロッキーが「スーパーボウル」にあわせて「ミッチェルアンドネス」とのコラボアイテムを発売

 歌手のリアーナ(Rihanna)が、2月12日(現地時間)に開催される米最大のスポーツイベント「第57回スーパーボウル(Super Bowl 2023)」のハーフタイムショーに出演することを記念し、恋人でラッパーのエイサップ・ロッキー(A$AP Rocky)と共にスポーツブランド「ミッチェルアンドネス(MITCHELL & NESS)」とコラボレーションしたコレクションを発表した。現在、NFLと「ミッチェル&ネス」およびスポーツ用品企業ファナティクス(FANATICS)の公式オンラインストア、一部セレクトショップで販売中だ。

 “フェンティー フォー ミッチェルアンドネス(FENTY FOR MITCHELL & NESS)”と名付けられたコラボコレクションは、コーチジャケットやフーディー、オーバーサイズのロングスリーブTシャツ、Tシャツなどを用意。2022年9月にリアーナがハーフタイムショーに出演することが発表された際のフライヤー画像をはじめ、NFLのロゴやボールのグラフィックを落とし込んだ。価格は45~135ドル(約5800~1万7500円)など。

 リアーナは“フェンティー フォー ミッチェルアンドネス”のほか、今月初めには自身が手掛けるランジェリーブランド「サヴェージ×フェンティ(SAVAGE X FENTY)」からもフーディーやスエットパンツ、ジャージー、ビーニー、ボクサーパンツ、バンダナなど、ハーフタイムショーの出演を記念した全17型のアイテムを販売している。

 「ミッチェルアンドネス」は、1904年にアメリカ・フィラデルフィアでフランク・ミッチェル(Frank Mitchell)とチャールズ・ネス(Charles Ness)が設立。北米4大プロスポーツリーグ(NBA、NFL、MLB、NHL)を中心に、NCAA(全米大学体育協会)やMLSなどの公式ライセンスウエアも手掛け、スポーツシーンだけでなくストリートやヒップホップシーンからも人気を集める。22年2月には、ファナティクスのマイケル・ルービン(Michael Rubin)最高経営責任者がジェイ・Z(JAY-Z)やリル・ベイビー(Lil Baby)ら大物ラッパーと共に買収し、同年10月にはレブロン・ジェームズ(LeBron James)やケビン・デュラント(Kevin Durant)、スクーター・ブラウン(Scooter Braun)らがオーナーグループに加わった。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。