ファッション

「ステラ マッカートニー」2016-17年秋冬パリ・コレクション

REPORT

今季もトレンド満載なステラ流カジュアル・エレガンス

プレスリリースの冒頭に記されていたのは、「『ステラ マッカートニー』のシグネチャーを称える」という一文。今季は、デザイナーのステラ・マッカートニー自身が得意とするマスキュリン×フェミニンなアプローチを軸に、現代女性のためのエフォートレスなワードローブを用意した。

  ファーストルックはコッパーカラーのベルベットを用いたオーバーサイズのパファーベスト(ダウンベストのように見えるが中にフェザーは使っていない)と、レースとプリーツを配したドレスのコーディネート。カジュアルとエレガントのバランスが秀逸だ。ショー全体の流れも、今季は似通ったアイテムをシリーズごとに見せるのではなく、いろいろなアイテムをミックスして見せている。キーアイテムは、ファーストルックのアイテムに加え、フェイクレザーのキルティングブルゾンやショートパンツ、肩から胸元にかけてV字にラッフルを飾ったニットドレス、裾を絞ったハイウエストのワイドパンツなど。ゴールドやシルバー、コッパーといったメタリックカラーと白鳥のモチーフがアクセントを加える。

 そんなコレクションは、ベルベットやメタリックカラー、ラッフル、フリンジ、ワイドパンツ、オーバーサイズアウターなど今季のトレンドが満載。今季もステラはトレンドセッターの座を射止めた。

LOOK

BACKSTAGE

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら