ビューティ

これぞ究極の美の形! 猫猫しいふくよかボディーで魅了せよ【ニャンダフルなコスメたち】

 狂ったように猫を溺愛する美容ライターが、猫と美容を強引に結びつける力技ビューティコラムVol.36。猫にちなんで、毎月2(ニャー)日と22(ニャーニャー)日の2(ニャー)回更新しています。今回のテーマは「ふくよかな美」。痩せていることが正義だった時代から、どんな体型でも愛そうという時代へ。だから今目指すべきは、まるまるとした身体でも、幸福感と自信に満ち溢れた猫のようなふくよかボディー。ハリと艶をアップするボディケアアイテムを味方につけて、持って生まれたふくよかさを魅力に変えていこう!

デブか否かではなく、愛せるかどうかが大事!

 肌の色や家族のかたち、セクシャリティなど、何においても「多様性」というキーワードが無視できない時代。美容ライターを生業としている私は特に、美の多様性について考えずにはいられない。「美白」や「女性」というワードが気軽に使えないモヤモヤについては以前軽く触れたが、最近もうひとつ気になっているのが「体型」について。

 スリムであることが正義で、デブは美から逸脱した存在……ほんの数年前までは、そんな美意識が世界の常識だったから、物心ついた時からぽっちゃり体型だった私はずっと肩身の狭い思いをして生きてきたし、「痩せないといけないのにこんなもの食べて、なんてダメな人間なんだ……」という罪悪感にさいなまれながらスイーツやごちそうを口にしていたから、ここ最近の「どんな体型も愛そう!」というボディーポジティブなムーブメントは、ありがたいといえばありがたい。

 でもだからといって、太っていたいかどうかは人それぞれ。「私は私のままでいいの!」という人はそれでいいが、私の場合、単に痩せられないだけでスリムな体型を目指したいという願望は捨てきれないから、今の風潮はちょっと複雑。好きで太っているデブばかりではないのだ。

 いずれにせよ大切なのは、他人と比べて自分を卑下しないこと。痩せたくても痩せられないダメな自分も認めてあげること。スリムなモデル体型でも自分を愛せない人からは魅力的なオーラは放たれないと思うから、自信と誇りを持ち続けることは忘れないようにしたい。

美しさを突き詰めた先に、“ふくよかさ”がある

 あらゆるものを“ふくよか”に描く独特の作風で知られるコロンビア出身の美術家フェルナンド・ボテロ(Fernando Botero)をご存じだろうか。過去にどこかのインタビューで、なぜ太ったものや人ばかりを好んで描くのか、といった質問に対して「決してふくよかに描こうとしているのではない。美しさや官能性を突き詰めるとふくよかになるのだ」というようなことを言っていて、とてもうれしい気持ちになったことを思い出した。

 そう考えると、全ての要素が丸みで構成されている猫はふくよかさの象徴であり、美の完成形と言える。締まりのない柔らかくぽてぽてのお腹、ぷくぷくとした手足、ムッチリとしたお尻、まんまるの顔。それでも猫は、いつだって自信に満ち溢れ気高く美しい。

 ネガティブな感情は視野を狭め自信を低下させると言われるから、ぽっこりお腹やタプタプの二重アゴにため息をつくのではなく、「私は猫。お腹がぽってりしていても美しいのだ」とマインドコントロールを。それぐらい強引に開き直る方が、わがままボディーも“ふくよかな美”として魅力に転換できそうだ。

ハリ・弾力・輝きが鍵。自信に満ち溢れた猫ボディーをかなえるアイテム

 ということで今回は、ぽっちゃり体型でもポジティブで魅力的に見えるボディーケアアイテムをピックアップ。透明感や滑らかさ、輝き、弾むようなハリを漲らせて、ふくよかな猫ボディをかなえて。

 世界で延べ5万人以上の肌をケアしてきたTAMAKO氏がブライダルや痩身トリートメントで有用だった美容成分を結集させたパワフルなボディージェル。希少なコールドプレス製法のアルガンオイルをはじめ、ペプチドにサファイヤやグルタチオンを結合させた複合成分など、弾力感やハリ感アップにこだわり抜いた処方でボディーの悩みへアプローチ。首からデコルテ、二の腕、お腹周り、太ももまでパワフルに引き締め、猫のような触りたくなるムチっとしたハリ感ボディーへ導く。

 カフェインの8倍もの脂肪分解作用があるといわれるピンクペッパーやブラックペッパーのほか、滑らかでハリのあるボディーへ導く自然由来の引き締め成分を配合したボディースクラブ。代謝が高まるバスタイムにマッサージと組み合わせながら使うことでボディーをキュッと引き締め。ジェルでマッサージに集中した後、泡に変化しスッキリと洗い上げる2WAY設計や、生分解性の高さなどのこだわりもGOOD!

 シアバターを5%配合したボディーオイル。サラリとしたテクスチャーのオイルが乾燥しがちな肌に素早くなじみ、しっとりとした艶と潤いをプラス。繊細なパールのシマーリング効果で、見た目のハリ感やふっくら感をさりげなく演出してくれるのもうれしい。フルーティなアップルとほの甘いマロン、冬の訪れを感じるモミの木など、ホリデーシーズンを彩る美味しい香りにも注目!

 「多様性を受け入れましょう」という今の社会になって、かえって窮屈になってしまった人も実は多いはず。そこが無視されているから何となくモヤモヤしてしまう。多様性というのであれば、「美白」とか「女性」とか、これまでOKとされてきた思想も認めてほしい!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。