ビューティ

「あの人はきっと美人」そう思わせる“うしろあたま”を手に入れよ【ニャンダフルなコスメたち】

 狂ったように猫を溺愛する美容ライターが、猫と美容を強引に結びつける力技ビューティコラムVol.32。猫にちなんで、毎月2(ニャー)日と22(ニャーニャー)日の2(ニャー)回更新しています。今回のテーマは「うしろあたま」。年齢は後ろ姿に現れるというが、それは体型や姿勢だけでなく、うしろあたまに限っても言えること。猫のうしろあたまは高齢になってもなぜかわいいままなのか、その理由を考察しつつ、人間のうしろあたまをかわいく美しく整えるためのベストなヘアケアアイテムをご紹介します。

人間の年齢は、うしろあたまに現れる

 空前のハイトーンヘアブーム。私もご多分に洩れず、今年のはじめからブロンドヘアを満喫中だ。だからなのだろうが、道ゆく人の髪が気になって仕方がない。街で、仕事現場で、電車の中で、ついつい人の「うしろあたま」を観察するクセがついてしまっている。

 脳内で観察日記をつけ始めた当初は、「あの髪色きれい」「どうやってカラーキープしているんだろう」といったピュアな感じだったのに、いつの間にか「あの人私より確実に若いだろうに、毛先がパサパサに広がっちゃっておばさんぽい」とか、「ハイトーンの前に薄毛対策した方がいいって」とか、完全に自分のことを棚に上げ人のうしろあたまの粗探しをするという、邪悪な観察日記に……。

 「誰が誰に言うてんねん」というお叱りの言葉は重々承知だが、この邪悪な観察日記をつけ始めてから、ヘアケアはエイジングケアの最たるものなんだということを再認識。人の振り見て我が振り直せというけれど、ものぐさな私でも髪のケアをより入念に頑張るようになった。

 なぜなら、いくらトレンドのハイトーンヘアをしていても、毛先がパサついて広がっていたり、ツヤが失われていたり、トップのボリュームが少なかったり、うねっていたりすれば、見た目年齢が+5〜10歳は老けて見えてしまうから(サカイ調べ)。ひとたびケアを怠れば、おしゃれどころかおばさんが若づくりしているようにしか見られなくなるので、それだけはなんとしてでも阻止しなければならない。髪も肌も、美を保つには、やっぱり継続が命なのだ。

猫は、背中ではなく、うしろあたまで美を語る

 それに引き換え猫は、生まれたてはもちろん、高齢になってもずっとうしろあたまがかわいいままである。

 仔猫は綿毛のように優しく柔らかな毛に包まれてふわふわ。成猫は毛がみっしり生えそろってもふもふ。シニア猫はグルーミングが減って全身の毛並みが乱れがちになるけれど、あたまの毛量はさほど変わらず、むしろ円熟味が増し美に磨きがかかってくるほどだ。

 加えて、ピンと立ち上がった耳、人が愛でるように作られたのではないかと思うくらい手のひらに絶妙にフィットするまあるいフォルム、見るものの目を楽しませる麗しい毛柄など、考えれば考えるほど、猫のうしろあたまは神が作りし最高傑作であり、グッドデザイン賞ものの美しさ。そこにパサつきもうねりも薄毛もない。猫は生まれてから虹の橋を渡るまでずっと、「美とは何か」を背中ではなくうしろあたまで語り続けるのだ。

 猫の顔はあらゆる動物の中でも最高峰にかわいいと言われるが、もはやその顔を見るまでもなく、うしろあたまだけでも人間が学ばなければならないことがこれだけあるとは……。猫って本当に恐ろしい。

艶もまとまりも向上! うしろあたまがかわいくなるヘアケア

 われわれ人間も猫のように、うしろあたまだけで「この人はきっと美しい」と想像させたい。そのためには、薄毛、うねり、艶のなさは絶対にNG。ヘアサロンでのスペシャルケアもいいが、やはり大切なのはデイリーケア。毎日使うトリートメントやドライヤーのアップデートが必要だ。

 髪全体のみずみずしい潤いや艶感は、うしろあたまで魅了するための必須条件。インバスケアによる入念なヘアトリートメントはもちろん、アウトバスケアもしっかりおさえておこう。こちらはボディーやヘアに潤いと心地よいオレンジフラワーの香りをまとわせるミストタイプの化粧水。外気や紫外線で乾燥が進みがちな日中の髪に、手軽に潤いをプラスできるから、ポーチインしておくと便利。「ポール & ジョー(PAUL & JOE)」のデザイナー、ソフィー・メシャリー(Sophie Mechaly)の愛猫たちとシナモンが無邪気にたわむれるスペシャルデザインボトルでTRY!


 髪のうねりは、うしろあたまをおばさん化させる最たるもの。寝ぐせやうねりを整え、指どおりの良い髪へと導く“セラティス ナイトリペア”のヘアオイルをナイトルーティンに組み込もう。ナノ化した補修成分が睡眠中の髪に浸透。さらに「寝ぐせコントロール処方」により摩擦ダメージや湿気をケアすることで、寝ぐせ・うねりをしっかり整え、毎朝のヘアスタイリングを楽にしてくれる。


 毎日必ず使うドライヤーの機能性にこだわることも、髪のコンディションをキープする重要なポイントに。“ヘアードライヤー「ナノケア」”の最新版は、コンパクトながらもナノケア史上最大風量1.6m3/分を実現。濡れた毛束をほぐしやすい強弱差のある風を生み出す速乾ノズルが本体に内蔵されているため、髪をスピーディに乾かすことができる。さらに、高浸透ナノイーとミネラルを含む風が届きやすい設計で、従来品に比べ髪も頭皮も潤いレベルが向上。いつものように乾かすだけで、しっとりサラサラの髪に。

 薄毛・うねり・艶のなさを解消すれば、うしろあたまの美は保たれるが、前に回って顔を覗かれたときに、その落差で腰を抜かされないよう、お顔のケアも手抜きは禁物。人間は猫のように360度デフォルトでかわいいというスペックがないから、隙のない美を目指して地道にコツコツ美容するしかないのだ。