ビューティ

美背中ティーチャー「猫」に学ぶ、後ろ姿の磨き方【ニャンダフルなコスメたち】

 狂ったように猫を溺愛する美容ライターが、猫と美容を強引に結びつける力技ビューティコラムVol.26。猫にちなんで、毎月2(ニャー)日と22(ニャーニャー)日の2(ニャー)回更新しています。今回のテーマは「美背中」。鬼の顔が浮かぶ井上尚弥の美背中をあがめつつ、一番身近な美背中ティーチャー・猫のしなやかな背骨&背筋を育むビューティアイテムをご紹介します。

井上尚弥の背中に、究極の美を見たり

 運動神経がすこぶる悪く、体育の授業が大嫌いだったわたくし。でもなぜかスポーツ観戦は好きで、いろんなスポーツを広く浅く観て楽しんでいる。
 
 最近面白かった試合と言えば、ボクシングのバンタム級世界3団体統一戦。格闘技は特に浅〜い知識しか持ち合わせていないのだが、それでも、井上尚弥は何も知らない私のようなにわかファンでも、「なんかよくわからないけどすごい……」と思わせてしまう圧倒的なカリスマ性を秘めているので(私の中では、将棋の藤井聡太棋聖も同じ類い)、試合はもちろん、バラエティー番組などに出演するとあらば、つい気になって覗きに行ってしまう。

 ボクシングというより、人間的にとても興味があるので、彼のTwitterもなんとなくフォローしているのだが、つい先日の投稿に目が釘づけに。

 「あれだけ必死こいてトレーニングしたんだもんな。。背筋も喜んでるわ。」というコメントとともに、凄まじいほどに鍛え上げられた背中を捉えた一枚が添えられていた。腹筋ならまだしも、背中も板チョコみたいにバキバキに割れるのかと衝撃を受けたのは私だけではなかったようで、Yahoo!ニュースなどでも「井上尚弥、KOの瞬間に“背中の鬼”が出現していた!」と即取り上げられて話題になっていた。ボディビルダーが背中のポーズをキメたときに飛んでくる「背中に鬼の顔!」というアレ、昔は意味がわからなかったが、そういうことか。背中に鬼背負ってるんだもんな、そりゃ強いわ。念のため対戦相手のノニト・ドネアの背中もチェックしてみたが素人目には鬼の姿は見当たらなかった。

 彼はよく“モンスター”と称されるが、それだと生まれつき無努力で圧倒的なパワーを持っている天才のように感じてしまうが、あの鬼の背筋を見ると、あらゆるものを犠牲にしてどれだけ血の滲む努力を重ねてあの舞台に立っているんだろうと考えずにはいられない。モンスターというより、きっと努力の天才なのだろう。この人はきっと、格闘技じゃなくても、もはやスポーツじゃなくても、どんな分野でも最高のパフォーマンスを成し遂げられる類の人なのだろうな。

均整がとれてしなやか 猫は一番身近な美背中のエキスパート

 三浦大知が「歌とダンス、両方を完璧にこなすには歌って踊る練習を積むしかない」と言っていたのを思い出す。井上尚弥の鬼の背筋も、筋トレだけでどうにかなるものじゃないのだろう。プロボクサーとしての日々の積み重ねがあってのアレなので、素人には到底近づけない(当たり前だ)。

 でも、後ろ姿に年齢が出るとよく言われるから、背中を鍛えておくに越したことはない。鏡の前で無意識にやってしまうキメ顔やお腹を凹ませたポージングは“自分はまだイケる!”と思い込むためのまやかしであり、その姿を見るものは自分以外にいない。目が届きにくく油断しがちな背面の方が、パブリックイメージに近いのだろう。

 井上尚弥の背中はハードルが高すぎるが、身近に「猫」という美背中のエキスパートがいる。猫の背中に鬼はいないが、筋肉とお肉の均整がとれていてとても美しいので、こちらを目指してトレーニングに励むのが良さそうだ。猫の軽やかな跳躍力も、獲物を捕らえるときの俊敏な動きも、背中方向にもお腹方向にも自由自在に曲げ伸ばしができるしなやかさも、猫特有の柔軟性に富んだ背骨の関節と筋肉によるところが大きい。怠惰な生活が怠惰な体を作るように、しなやかな所作がしなやかな筋肉を作るもの。リモートワークでガチガチに凝り固まった筋肉をほぐし、筋トレで程よく背筋を鍛え、猫のようにしなやかな美背中を目指したい。

ハリを生み、ほぐし、鍛える。猫の美背中を目指せるビューティアイテム

 背中の筋トレや柔軟はジムやYouTubeなどで各自やっていただくとして、今回は美背中づくりを強力にサポートしてくれるコスメ&ギアをご紹介。

 こちらはクリニックやエステティックサロンで展開される「MTメタトロン(MTMETATRON)」のボディージェルで、リフトアップ注射などにも使用される肌引き締め成分DMAEを高濃度に配合したパワフルさが魅力。さらに、ダイエット点滴にも使用される「L-カルニチン」や、脂肪の分解に関わる脂肪酸「CLA」、脂肪代謝に関わるといわれる「シネフリン」、血流促進をサポートする「シトルリン」など、脂肪の分解&燃焼のメカニズムに着目した成分もプラスし、ボディーのもたつきにも果敢にアプローチ。背中やウエスト、ヒップ、太ももなど、シルエットの変化が気になる部分に軽くマッサージするようになじませることで、日に日にハリと滑らかさを目指せる。


 「ハイパーアイス(HYPERICE)」の振動付きフォームローラーの最新モデル。研究された振動数と体への振動伝達率で、通常のフォームローラーより深い部位の筋肉へのアプローチを可能に。力強い振動により背骨のコリやこわばりをほぐし、軽やかでしなやかな背中づくりをサポート。振動レベルが3段階あり、ケアしたい部位や痛みに応じて使い分けができるのも嬉しい。


 効率よく体幹を鍛えるプランクを、よりハードにパワフルに進化させる「ルルドスタイル(LOURDES STYLE)」のエクササイズギア。肘から下を、上下左右に10°までゆっくりスイングする独自プレートにのせ、プランクの姿勢をとりEMSを発動させることで、通常のプランクだけでは及ばない広範囲にまで筋肉に刺激を伝えることができ、体幹はもちろん、美しい背中づくりに欠かせない脊柱起立筋までバランスよくエクササイズすることができる。

 「美背中」には、筋肉や姿勢だけでなく、背中の肌の美しさももちろん含まれる。猫はもともと可愛いモフモフの毛で覆われているし、日々せっせとグルーミングをしているから、しなやかな筋肉抜きにしても隙がなく美しい。人間の背中は、背毛や背中ニキビ、猫の引っ掻きキズ(これ私)などトラブルが起こりやすく、肌みせシーズンは目立ちやすいので、このあたりのケアも抜かりなく!

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら