ビューティ

デザイナーアナ・スイが思うメイクの魅力を詰め込んだ「アナ スイ コスメティックス」の2022年秋コレクション

 「アナ スイ コスメティックス(ANNA SUI COSMETICS)」は2022年8月1日、「ANNA SUI FACE」がコンセプトの秋のメイクアップコレクション第1弾を発売する。マスカラベースやアイシャドウ 、限定カラーのネイルポリッシュなど、デザイナーのアナ・スイ(Anna Sui)が考えるメイクの魅力を詰め込んだ5種のアイテムをラインアップする。

 「コスメを使って遊べることが、一番好き。 ドレスアップをするかのように装ったり、さまざまな表情を作れたり、 ただべーシックにすることで美しくなることもできる。 メイクアップでさまざまなファンタジーを作り出せるの。 そう、無限に……!」と語るのは、デザイナーのアナ・スイ(Anna Sui)だ。

 “ザ マスカラ ベース”(全1種、税込3300円)は、硬めで毛量が多いスクリューブラシで根元からカールアップさせる。ベースカラーにはシャドーネイビーを採用し、マスカラを重ねることでまつげの黒さに深みをプラスする。2色セットアイシャドウ“アイカラー コンパクト”(新5色、各税込4400円)は、カラーの掛け合わせが存分に楽しめる新5色。“ネイルカラー”(新5色、各税込1980円)は、指先から秋の装いに“着替えられる”ような限定カラーが加わる。ノーブルな“028 サテングレージュ”や深みのある “410 パンプスレッド”のほか、華やかなラメが気分を高める“115 ブルースパングル”などの5色がそろう。その他、ハリ感とコシのある健やかなまつげに導く“ザ アイラッシュ セラム”(全1種、3850円)と、崩れにくい密着感とソフトフォーカス効果で、毛穴や凹凸を感じさせない仕上がりをかなえる“ザ コンシーラー”(全5 色、各3300円)がそろう。

 9月1日にはメイクアップコレクションの第2弾が、10月1日には第3弾が発売予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら