ビューティ

「RMK」2022年秋コレクションは“ナイーブな色気” バーガンディ中心の限定カラー

 「RMK」は8月5日、秋コレクション“オブスキュア テンプテイション”(6アイテム全14品)を発売する。「大人と子供のはざまに佇むナイーブな色気」をコンセプトに、ダークグレーのグラファイトやバーガンディといったダークカラーと光沢のあるシャイニーカラーの柔らかさを組み合わせた新しいセクシーさを提案する。

 深みや色の濃淡、質感をミックスさせることで曖昧なニュアンスを楽しむ4色のカラーパレット“アイシャドウパレット”(全2種、税込各6050円)は、バーガンディを軸に色っぽさと可愛さの絶妙なバランスを演出する“ラプソディー ローズ”と、ダークレッドのマルーンカラーを軸にクールさと甘さを兼ね備えた“クール ロマンス”の2種をラインアップ。柔らかな質感で重ねても粉っぽさがなく美しい発色がかなう。

 新アイペンシル“アイディファイニング ペンシル”(全4色、税込各3300円)は、描きやすいジェルオイル処方で目元に滑らかにフィットする。ほのかな艶感の“ザ リップカラー”(新3色、税込各3850円)は、ピンク・ブラウン・レッドをそろえ、鮮やかな発色でメイクの主役にもぴったりの一品。ハイライター・チーク・アイシャドウとマルチに使える“カラースティック”(新1色、税込3300円)は肌の内側からにじみでるような血色感を与え、ナイーブな色気を表現した“ネイルラッカー”(新3色、税込各2200円)はひと塗りで美しい発色と艶をかなえる。また、肌の凹凸や毛穴を滑らかにカバーする“メイクアップベース リミテッド エディション”(全1色、税込4070円)も登場する。

 「RMK」クリエイティブディレクターのYUKIは、「秋コレクションは女性の成熟さと未熟さが混在する強さと甘さの絶妙なバランスをイメージ。また、東京の夜景の美しさや深さにもインスピレーションを得て作り上げた。今回のテーマカラーのバーガンディ・モーブ・グラファイトはネイルにも落とし込んでおり、“ミッドナイト グラファイト”のネイルはダークになりすぎず絶妙な柔らかさもあり男性にも使ってほしい一品だ」とアピールした。