ビューティ

「ジミー チュウ」の新作フレグランス登場 大胆でグラマラスな女性をイメージ

 ブルーベル・ジャパンは11月16日、「ジミー チュウ(JIMMY CHOO)」の新作フレグランス“ジミー チュウ アイ・ウォント・チュウ フォーエバー オードパルファム”(60mL、税込1万1990円/100mL、同1万5730円)を発売した。昨年発売した“アイ・ウォント・チュウ”のストーリーを進化させ、ブランドが持つ大胆でグラマラスな世界観を受け継ぎながら、メゾンの洗練された華やかさと遊び心を添えた調香に仕上げている。

 ソニア・コンスタン(Sonia Constant)とイーズ・ターナー(Louise Turner)の両調香師により生み出された香りは、パワフルなローズにスパイシーなピンクペッパーとビターアーモンドオイルを加えたトップノートで大胆な魅力を表現。ミドルノートはブラックチェリーリカー、ジャスミンサンバック、ベチバー、ラストノートはモス、バニラ、トンカビーンを組み合わせている。

 ボトルデザインは女性のシルエットをモチーフにしたフォームに、エレガントなブラックのグラデーションをデザイン。ブランドを象徴する印象的なゴールドのモノグラムとゴールドグリッターをネックにあしらっている。

 新フレグランスの発売を記念し、同ブランドの香水を税込1万5730円以上購入した人を対象にオリジナルのイブニングバッグをプレゼントするキャンペーンを実施している(数量限定)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

“個”が主役の百貨店特集2024【WWDJAPAN BEAUTY付録:2023年度世界のビューティ企業TOP100】

7月22日号の「WWDJAPAN」は百貨店特集。 個人の価値観が多様化し、コロナを経てオンライン消費がますます浸透しました。百貨店という業態の存在意義すら問われる中、それでも人が集まる店の条件とは何か。決め手は、品ぞろえでも立地でもなく、情熱と個性を持った“人”の存在。百貨店が元々持っていた強みに光を当てたり、その枠を超えて新分野を開拓したりと、編集力やアイデアを駆使して売り場を面白くしようとする…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。