ファッション

ワークマン、円安で利益目減り 23年3月期予想を下方修正

 ワークマンは7日、2023年3月期の利益予想を下方修正した。修正後の予想は、売上高に相当する営業総収入が1252億円(修正前は1241億円)、営業利益が217億円(同244億円)、純利益が148億円(同167億円)とする。一般的な小売業の売上高にあたるチェーン全店売上高は1686億円(同1666億円)と予想する。積極的な新規出店と既存店の堅調な販売によって増収を維持するものの、円安によって仕入れ価格が高騰したため利益が目減りする。

 同日発表した22年4〜9月期は、営業総収入が前年同期比8.9%増の602億円、営業利益が同3.5%減の121億円、純利益が同3.1%減の77億円だった。チェーン全店売上高は同11.1%増の819億円で、既存店売上高は0.7%増だった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

コロナ明けで新展開、スキー&スノーボード市場特集 雪山愛好者、藤原ヒロシインタビューも

12月4日発売の「WWDJAPAN」は、スノースポーツ市場特集です。暖冬予報は出ていますが、各地のスキー場から続々とオープンのニュースが届く季節になりました。コロナが落ち着き、雪を求めて日本にやってくる海外観光客が今冬は激増しそうです。また、コロナ禍以降のアウトドア意識の高まりで、スキーやスノーボードを再開したり、新しく始めたりする国内客も増加。自然をより濃密に体験する手段として、バックカントリー…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。