ファッション

「メグミウラ ワードローブ」が「JFW デジタル グランプリ」を受賞

 日本ファッション・ウィーク推進機構(JFWO)は、今年新設したデジタルコレクションのサポートプログラム「JFW デジタル グランプリ(JFW DIGITAL GRAND PRIX)」の結果を発表した。初代グランプリとして、デザイナーの三浦メグが手掛ける「メグミウラ ワードローブ(MEGMIURA WARDROBE)」を選出した。同ブランドは賞金50万円を獲得する。

 審査対象は、2023年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京」にデジタル形式で参加し、アワードの審査に同意したブランド。コレクションそのもののクオリティーや独自性に加えて、映像作品としての表現力やオリジナリティー、ユーチューブにおける視聴回数などの項目から総合的に審査した。審査委員会は「受け手のことを考えて丁寧に制作されていた点と、世代や性別を超えた表現方法を評価した」と選出理由を説明した。

 審査には、「サルバム(SULVAM)」の藤田哲平デザイナーや「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」の小泉智貴デザイナーのほか、映像ディレクターの児玉裕一、「エル・ジャポン(ELLE JAPON)」のデジタルファッションエディター山田知里、毎日新聞社 学芸部 部長の出水奈美らが参加した。なお、フィジカルショーを支援する「JFW ネクスト ブランド アワード(JFW NEXT BRAND AWARD)」では、舟山瑛美デザイナーによる「フェティコ(FETICO)」がグランプリを受賞し、23年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京」でリアルショーのトップバッターとしてコレクションを披露した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。