ファッション

三陽商会・大江社長「実行すれば必ず結果は出る」 今期、7期ぶりの黒字へ

 「必然的に黒字基調になった」と話すのは、三陽商会の大江伸治社長。2023年2月期の業績予想を上方修正し、営業損益が16億円の黒字(修正前は12億円の黒字、前期実績は10億円の赤字)になりそうだと発表した。本業の儲けを示す営業損益が黒字になるのは、15年6月に売上高の半分を占めていた「バーバリー」のライセンス事業を終了して以来、7期ぶりとなる。

 屋台骨を消失してから3人の社長が再建できずに退任し、20年5月に三井物産出身でゴールドウインのV字回復の立役者だった大江氏が火中の栗を拾った。それまでの経営トップはバーバリーの売り上げの穴を埋めるため、後継ブランドで無理をして売り場を作り、在庫をふくらませてしまった。一方、コロナ禍で就任した大江氏は、隅々にまで目を配り、販管費のコントロールや在庫の適正化といった事業構造改革を徹底させた。

 6日に行われた22年3〜8月期決算説明会に登壇した大江社長は、「実力値に基づいたトップライン(売上高)で損益分岐をクリアする。就任2年で達成の見通しがつき、3年目(の今年)はその基盤の上でやってきた」「必然的に黒字基調になった。実行すれば必ず結果につながる」と胸を張った。

 業績の見通し以上に社員の意識が変わったことが重要だという。「社員一人一人が自律的にPDCAを回して成果を出した。その積み上げで自信も生まれ、先に向けてのモチベーションも高まった」。バーバリーショックとコロナによる止血にめどをつけ、今後の焦点は成長戦略に移る。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。