ファッション

「ジュンヤ ワタナベ」は、80年代の”ニュー・ロマンティック”を現代に パリコレで勝負する日本人デザイナーVol.5

 6月のメンズに続き、ウィメンズでもパリでのショーを再開した「ジュンヤ ワタナベ(JUNYA WATANABE)」は、今季も音楽からヒントを得たコレクションを披露した。渡辺淳弥デザイナーが思い描いたのは、もし80年代ロンドンのサブカルチャーである“ニュー・ロマンティック”に没頭する若者たちが現代に現れて、「ジュンヤ ワタナベ」の服を着たらというテーマ。会場にはデュランデュラン(Duran Duran)やロキシー・ミュージック(Roxy Music)の曲が流れ、2人ずつ登場するモデルには、当時のミュージシャン顔負けのヘアメイクがバッチリ施されている。実際に男性モデルも2人いたが、その姿はジェンダーの枠を超越した雰囲気が漂う。

 序盤に提案したのは、一枚のスーツ地を用いたシリーズ。厚みのある肩パッドが80sムード満点の力強いシルエットを描く一方で、そこから流れ落ちるケープのような生地は軽やかに風をまとう。肩パッドのデザインは全体にプリーツが施されたシャツやトレンチにも反映。ボトムスにはネオンカラーやスパンコールがあしらわれたレギンス、ウォッシュドジーンズを合わせる。パールやチェーンのジュエリーはオーバーサイズシャツやドレスに組み込むことで、ドレープを生んだり、装飾となったり。足元にも同様のデコレーションで仕上げたポインテッドトーのレザーシューズや厚底ブーツ、「アッシュ(ASH)」とのコラボスニーカーを合わせることで、ギラギラ感を増している。

 一方、後半には日本のバイク用品メーカー「コミネ(KOMINE)」とコラボレーションしたウエアを披露。白黒に鮮やかな赤や青を加えたスポーティーな配色のバイカージャケットをミニドレスのようなスタイルにアレンジしているのが印象的だ。ショーには「コミネ」のみが登場したが、「ホンダ(HONDA)」や「マクラーレン(McLAREN)」とのコラボアイテムもあるという。そんなバイクにも通じるような疾走感のあるショーは、見ていて気持ちがいい。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。