ファッション

「クラス」デザイナーの新ブランドが2022-23年秋冬にデビュー インターナショナルギャラリー ビームス限定で発売

 「クラス(CLASS)」のデザイナー堀切道之は、メンズとウィメンズの新ブランド「トゥー・スーン・トゥ・ノウ(TOO SOON TO KNOW)」を2022-23年秋冬シーズンから始動する。ファーストコレクションは、インターナショナルギャラリー ビームス限定で10月に発売を予定する。

 同ブランドは、インターナショナルギャラリー ビームスから堀切デザイナーへのオファーで生まれた。「英国ムードを表現した、ファッションとしてのテーラードアイテム」を軸にジェンダーレスやエイジレス、シーズンレスで着られることを念頭に、ディテールを削ぎ落としたミニマルな印象のテーラードスーツを軸に展開する。ファーストシーズンは、ジャケット2型(7万5000円、7万円)、テーラードスーツ(10万5000円)、トラウザー(3万5000円)を企画した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。