ファッション

「アシックス」がビジネスマン向けのスマートシューズ 歩行から心身の状態をスコア化

 「アシックス(ASICS)」は、センサー機器などを扱うオルフェ(旧名ノーニューフォーク)とともにスマートシューズ“ランウォーク オルフェ(RUNWALK ORPHE)”を共同開発した。価格は税込6万1600円。9月21日から伊勢丹新宿本店メンズ館で、10月28日からアシックス公式オンラインストアや「アシックスランウォークギンザ」などの直営店で予約を受け付け、12月中旬以降に商品を発送する。先行予約の売り上げ目標は300足だ。

 同シューズは、スニーカーのように履けるビジネスシューズ“ランウォーク(RUNWLAK)”の技術と、オルフェの歩行データ計測システムを融合したモデルだ。ミッドソールの内部に取り付けたセンサー機器が、歩数やスピード、歩幅、接地角度、立脚時間などのデータを取得し、アシックススポーツ工学研究所が培ってきた知見と組み合わせて、心身の状態をスコア化してスマートフォンに表示する。例えば、歩行スピードが通常通りでも、歩幅が狭く、腕の振りが小さいときは、精神状態を表す“マインド”のスコアが低く表示される。データは30秒のリアルタイム計測と、1日単位での計測の2種類があり、週間や月間表示も可能で日々の健康管理に役立つ。

 21日には伊勢丹新宿本店メンズ館1階のプロモーションスペースで記者発表会を開催した。登壇したアシックス スポーツ工学研究所 スポーツコンテンツ研究部の草野拳は「精神と身体状態のスコア化にあたり、先行研究に加えて、独自の新規研究も行なった。ビジネスマンの快適で健康なライフスタイルを実現したい」とコメント。オルフェの菊川裕也CEOは「歩行データを計測するシューズはあるが、心身状態をスコア化する試みは他にない。より多くの人に体感してほしい」と話した。元ラグビー選手で“ランウォーク”シリーズの広告塔も務める廣瀬俊朗HiRAKU 代表取締役は、「一週間試したところ、疲れているかなと思う日はスコアが低く、調子がいいときは“きびきび”と好調なスコアが出た。客観的に自分の状態を知れるのが面白い」と使用感を語った。

 両社は2020年にランニングのスマートシューズ“エボライド オルフェ(EVORIDE ORPHE)”を発売し、今回で共同開発は第2弾となる。