ファッション

「ルイ・ヴィトン」が中国で2023年春夏メンズのスピンオフショーを開催

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」は、6月にパリで披露した2023年春夏メンズ・コレクションのスピンオフショーを中国・河北省のビーチで行う。日時は9月16日17時30分(現地時間)からで、ブランドの公式ウェブサイトなどでライブ配信する。

 会場となる阿那亜・黄金海岸社区は北京から電車でおよそ2時間の距離にあり、気軽に訪れることのできる風光明媚な観光地として人気だという。周辺には現代美術館であるUCCAデューン・アート・ミュージアム(UCCA Dune Art Museum)やアートセンター、海岸に立つモダンな図書館などがある。現在、ビーチでは会場の設営が進められており、中国版インスタグラムの「シャオフォンシュウ(Xiaohongshu、小紅書、通称RED)」には地元住民などが撮影した設営の様子が投稿されている。

 「ルイ・ヴィトン」が中国でメンズ・コレクションを発表するのは、20年8月に行われた上海でのショーに続いて今回が2回目。ウィメンズでは、21年9月に同じく上海で22年春夏コレクションのリピートショーを行った。マイケル・バーク(Michael Burke)=ルイ・ヴィトン会長兼最高経営責任者は以前、こうしたリピート(スピンオフ)ショーを行うと「顧客の購入額が10倍になる」とコメントしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。