ファッション

【スナップ】「フジロック 2022」来場者は何を着た? 存在感のあるアクセが際立つフェスコーデ

 国内最大級の野外音楽フェス「フジロックフェスティバル 2022(FUJI ROCK FESTIVAL、以下フジロック)」が、7月29〜31日の3日間、新潟県・苗場スキー場で開催された。2020年の開催延期と、21年の規模を縮小した実施を経て、3年ぶりにほぼ通常通りの開催となった。

 今年はヴァンパイアウィークエンド(VAMPIRE WEEKEND)とジャック・ホワイト(JACK WHITE)、ホールジー(HALSEY)をヘッドライナーに、総勢162組がラインアップ。日本からはコーネリアス(Cornelius)やPUNPEE、鈴木雅之らが出演した。ライブ本番に4組のアーティストが出演キャンセルになったものの、3日間は熱狂に包まれた。

 来場者は、Tシャツにショーツ、トレッキングシューズなど山道の移動やアクティブな動きを想定した機能的な装いが目立った。鮮やかな色や柄も多く、モノトーンやアースカラーなどの落ち着いた色味のウエアに、ハットやリュックなどで華やかさを加えたスタイルが印象的だった。機能性を前提に、インパクトのあるアクセサリー使いやヘアスタイル、インナーとのレイヤードなどで自分のスタイルを主張していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら