ファッション

「ジョンマスターオーガニック」が700着の美容部員の制服を約8000個のコースターにアップサイクル

 ジョンマスターオーガニック(以下、JMO)グループは、「ジョンマスターオーガニック(JOHN MASTERS ORGANICS)」の美容部員が着用した制服700着を、廃棄された衣類繊維をアップサイクルする循環型繊維リサイクルボード「パネコ(PANECO)」の技術を用いて約8000~9000個のコースターにアップサイクルした。7月7日から直営店舗で1点以上の製品購入者にコースターをプレゼントする。

 野田義宗JMOグループCEO/CBOは、「制服には日々お客さまと真剣に対峙しているスタッフの血と汗と涙がしみ込んでいる。そんな約700着の制服を2シーズンに1回、廃棄することに違和感とストレスを感じていた」という。制服のデザインは今後の活躍が期待できる若手デザイナーに依頼し、機能性とデザイン性を融合したスタッフが納得して着られるものにしている。そこで「アップサイクルも同じくらいの熱量で取り組みたい」と「パネコ」を開発したワークスタジオに依頼した。

 コースターはスタイリッシュで手ざわり感が心地よいものに仕上がった。「私たちの思いがこもったコースターをお客さまに手渡せるのは幸せなこと」と野田CEO/CBOは語る。

 同社は「パネコ」を21年7月に表参道にオープンした青山店の内装の一部に使用したほか、他店舗のリニューアルの際にも採用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら