ファッション

篠原ともえが星野リゾート系都市型ホテルのスタッフ用ユニホームをデザイン

 篠原ともえは、4月22日に開業する大型都市観光ホテル「OMO7(おもせぶん)大阪 by 星野リゾート」のスタッフ用ユニホームをデザインおよび製作監修した。篠原が制服のデザインを手掛けるのは初めて。夫でアートディレクターの池澤樹と立ち上げたデザイン会社STUDEO(ストゥディオ)として取り組んだ。

 ユニホームはネイビーをベースとしたもので、ボトムスは着用者の世代や性別を選ばないパンツスタイルとした。アクション性を考慮し、スポーツウエアにも使用されるストレッチ素材を用いた。伸縮性の高い素材の採用には、サイズ展開を男女合わせて4サイズと減らし、過剰生産を回避する狙いもあるという。

 デザイン面では、“ピンドット”を取り入れた。地図上に訪れたい場所などをしるす“ピン打ち”から着想したドット柄で、“街を丸ごと楽しむという”というホテルのコンセプトも表す。さらに帽子やバッグも作り、スタッフが個々に自分らしさを表現できるようにした。また、吹き出し型のマグネットバッジ(全3色)にはホテルの住所を記載し、ジャケットのみならず小物類にも付けられる仕様とした。

 篠原は、「今回のお話をいただいたのは、今以上にコロナで日本が元気を失っていた昨春。デザインのキーとなる“ピンドット”で、『OMO7大阪 by 星野リゾート』が掲げるオリジナルなサービスを可視化すると共に、着用するスタッフおよびお客さまに安心感を与えたい」と話す。

 「OMO7大阪 by 星野リゾート」のテーマは“ほれてまうわ、なにわ”。地上1〜14階からなり、JRおよび南海電鉄の新今宮駅の目の前に位置する。大阪の風情を色濃く残す新世界エリアにも隣接する。ホテル担当者は、「大阪の各観光地へのアクセスも良く、都市観光に適した立地だ」と説明する。料金は1泊税込2万4000円〜。

■OMO7大阪 by 星野リゾート
オープン日:4月22日
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須西3-16-30

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら