ファッション

「ナイキ」の人気ランシュー“ペガサス”が進化 東京マラソン日本人トップ選手も絶賛

 「ナイキ(NIKE)」は、新作ランニングシューズ“ナイキ エア ズーム ペガサス 39(NIKE AIR ZOOM PEGASUS 39)”を4月21日に会員限定で発売し、29日に一般発売する。ベルクロの開閉でスムーズに着脱できる“フライイーズ(FLY EASE)”モデルも用意する。いずれも価格は税込1万4300円。

 “ペガサス”は、“あらゆるランナーのためのシューズ”として1983年に誕生し、ファンランナーからエリートランナーの練習にまで対応するシリーズだ。新作の特徴は大きく二つで、一つはフィット感の向上だ。通常よりも柔軟なエンジニアードメッシュアッパーを採用したほか、シュータンとかかと周りにパッドを付けた。中足部にはシューレースと連動してフィット感を高めるフライワイヤーとバンドを組み込んだ。

 もう一つは、反発力をもたらす“ズーム エア ユニット”を前足部とヒール部分の2カ所に付けたこと。前作の“ペガサス 38”は前足部のみだったが、前後に付けることでよりスムーズな体重移動と蹴り出しを実現させた。ミッドソールは前作に続き、「ナイキ」で最もクッション性に優れた“リアクト フォーム”を使い、かかとを幅広に設計して安定感と耐久性を高めた。ラストも前作同様につま先にゆとりのある設計で、日本人の足にもなじみやすいという。

 メディア向けのオンライン説明会には、3月の東京マラソンで日本人男子トップの4位入賞を果たした鈴木健吾選手と、日本人女子トップの8位に入賞した一山麻緒選手が登壇した。普段から練習で“ペガサス”を愛用しているという二人は新作について感想を述べ、鈴木選手は「フィット感が高まり、すぐに足になじんだ。紐が緩みやすいところも改善されたと思う。5分台のジョグから3分台の早めの練習まで、一足でほとんどの練習をカバーできそう」とコメント。一山選手は「すごく柔らかな履き心地。地面の硬さが良い意味で伝わらず、疲労を感じて足に負担をかけたくないときの練習にも良いと思う。カラーリングも好み」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら