ファッション

スイス発「オン」がアジア初の旗艦店「オン トーキョー」を公開

 スイス発のパフォーマンスブランド「オン(ON)」が、アジア初の旗艦店「オン トーキョー(ON TOKYO)」を4月8日に東京・原宿のキャットストリートにオープンする。それに先立ち、3月31日と4月1日にメディア関係者向けに内覧会が行われた。

 同店の店舗面積は320平方メートル超で、地上2階、地下1階の3フロア構成。1階にはアパレルとアクセサリーをフルラインアップし、2階ではシューズを取り扱う。シューズを展示する棚は引き出し式で、ストックを即座に取り出せるのが特徴だ。また、天井と足元には専用カメラを設置。来店客が数歩走るだけでランニングスタイルを分析し、おすすめのシューズモデルを提案する“ランスキャン”や、誤差1.25ミリメートルの深度カメラで足のサイズを計測する“フットスキャン”など、最先端テクノロジーによる顧客体験を提供する。地下1階にはブランドのルーツであるスイス・アルプスの岩を3Dプリントした作品を吊るし、全フロアの吹き抜け部分からも眺めることができる。

 さらに各フロアには、同ブランドを代表するテクノロジーに直接触れられるインスタレーションも併設。1階では、ウエアの通気性や防水性を体感できるマシーンや、モーションセンサー付きのLEDモニターが人の動きに反応して変色し、来店客を楽しませる。2階では、“クラウドテック®︎(CloudTec®︎)”や“スピードボード®︎(SpeedBoard®︎)”“ミッショングリップ(Missiongrip)”など、「オン」の革新的な技術を見て、触れることができる。

 松尾僚介「オントーキョー」アソシエイト ストア リーダーは、「『オン トーキョー』はアジア圏初、そして世界で2店舗目となる旗艦店で、店舗面積は世界最大となる。『オン』のシューズとアパレルを一度にこれだけのボリュームで見られるのは、フラグシップならではの買い物体験だ。“ランスキャン”“フットスキャン”といった最先端テクノロジー“オン スキャン”や、インスタレーションにもぜひ注目してほしい。原宿は近くに代々木公園もあり、街中でありながらランニングカルチャーになじむエリアだ。『オン トーキョー』がランステーションのような役割を担うために、さらなるプランも計画している」と語った。

 「オン」共同創業者のデイビッド・アレマン(David Alleman)は、「ランニングカルチャーやコミュニティーは、私たちにとって非常に重要だ。ブランドとして、店舗はカルチャーを発信できる存在でありたい。原宿はランニングカルチャーが根付いており、さらにはライフスタイルとファッションが交わる街。またユースカルチャーやコミュニティーも活発なので、日本での旗艦店にふさわしい場所と考えた。日本のコミュニティーは結びつきも強く、アジアはビジネスの成長スピードが非常に速いので、近い将来ブランドの大きな柱になると期待している」とコメントを寄せた。

■ON TOKYO
オープン日:2022年4月8日
営業時間:11:00〜19:00
定休日:不定休
住所:東京都渋谷区神宮前5丁目17-27

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら