ファッション

「ロエベ」がスイス発スポーツブランド「オン」とコラボ 大自然をイメージしたシューズとアパレル

 「ロエベ(LOEWE)」は、スイス発のスポーツブランド「オン(ON)」とコラボレーションしたカプセルコレクションを、両ブランドの公式オンラインストアで3月9日に発売する。「ロエベ」の「カサ ロエベ 東京(CASA LOEWE TOKYO)」や表参道店、渋谷パルコ、阪急うめだ、福岡岩田屋などの一部店舗では10日から取り扱う。

 同コレクションは、「ロエベ」のクラフトと「オン」の革新的な技術を融合したシューズとウエアで構成する。デザインは大自然をイメージし、カーキやブルー、オレンジなどの色使いや、野外で太陽に長時間さらしたようなグラデーションで自然を表現している。シューズは「オン」のトレイルランニング用シューズをベースにした“クラウドベンチャー(Cloudventure)”(税込4万9500円)と、“クラウドロック(Cloudrock)”(同6万500円)で、メンズとウィメンズのサイズをそろえる。カラーはいずれもグラディエント・カーキ、グラディエント・グレー、 グラディエント・ブルー、グラディエント・オレンジ、スペース・ブルーの全5色だ。

 ウエアは、あらゆる天候に対応するトラウザーズ(同6万9300円)をはじめ、ウォータープルーフ アノラック(同10万7800円)、温度調整機能付きのTシャツ(同3万3000円)、3層構造のカスタマイズ可能なパーカ(同15万5100円)など、機能性に優れたアイテムをそれぞれ2色でウィメンズ6型、メンズ7型でそろえる。

 キャンペーンビジュアルは、「ロエベ」の“パウラズ イビザ(PAULA’S IBIZA)”も撮影してきた、フォトグラファーのグレイ・ソレンティ(Gray Sorrenti)が手掛けた。俳優兼モデルのカミラ・モローネ(Camila Morrone)とレコーディングアーティストのダックワース(Duckwrth)をモデルに、アメリカ・カリフォルニア州のカーメル・バイ・ザ・シーとビッグ・サーで撮り下ろした。

 「ロエベ」のジョナサン・アンダーソン(Jonathan Anderson)=クリエイティブ・ディレクターは「オン」のシューズを普段から愛用しており、パリで現地時間3月4日に開催した「ロエベ」の2022-23年秋冬コレクションのフィナーレではコラボシューズを履いて登場した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら