ファッション

追記:「バーバリー」と「シュプリーム」のコラボ全容が解禁

【追記:3月8日】「バーバリー」と「シュプリーム」によるコラボレーションの全容が、7日(現地時間。以下同じ)に公開された。

 「バーバリー」は、今回のコラボの2022年春夏コレクションとして、トレンチコートやパファージャケット、デニムジャケット、フーディー、デニムショートパンツ、Tシャツ、バケットハット、6パネルキャップハット、スケートボードなどを発表した。

 発売日は欧米では10日、日本では12日となっているが、ハット類は追って取り扱いを開始する。なお、レザーのトラックジャケットやパンツ、シルクのパジャマなど一部のアイテムは欧米の「バーバリー」でのみ10日から独占販売し、12日からはその他の地域でも販売する。

 ラッパーのエイサップ・ナスト(ASAP Nast)は3月5日、「バーバリー(BURBERRY)」と「シュプリーム(SUPREME)」によるコラボレーションアイテムと思われるセットアップを着用した姿を自身のインスタグラムに投稿した。両ブランドのコラボは、今年1月ごろからSNS上で噂になっていた。

 「バーバリー」のアイコニックなチェック柄のデニムジャケットとパンツには、両ブランドのロゴがあしらわれている。投稿には「バーバリー」の公式アカウントがタグづけられているほか、「シュプリーム」および2月に同ブランドの新クリエイティブ・ディレクターに就任したトレマイン・エモリー(Tremaine Emory)がメンションされている。

 「バーバリー」は米「WWD」に対して、コラボの全貌は今週SNSで発表すると6日にコメントしており、公開は7日か9日が濃厚とみられている。一方、「シュプリーム」は木曜日に新作をドロップする傾向があることから、「バーバリー」が2022-23年秋冬コレクションを発表する11日(金)の前日の10日に公開するのではないかとの憶測も流れている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら