ファッション

萬波ユカがボディーウエア「サク・レ」のアンバサダーに 天然由来保水成分素材を使用した快適な着心地をアピール

 快適な着心地のボディーウエア「サク・レ(SACRE)」の2022年春夏のアンバサダーにモデルの萬波ユカが就任した。同ブランドは今年で誕生3周年。アンダーウエアからワンマイルウエアまで、日常のさまざまなシーンで着用できるシンプルかつフェミニンなデザインが特徴だ。素材に練り込まれた天然由来保水成分の“サクラン”が快適な着心地を実現。

 萬波は、「サラッとしているけどしっとりする着心地に驚いた。着た途端に肌に吸い付く感じがする」とコメント。お気に入りのアイテムは、“リビングルーム”パンツ(税込6380円)、“ワンマイル”ワンピース(9680円)、“アクティブ”ハーフトップ(5280円)だという。「ワンピースは、クルーネックがかわいいデザインで、スリット入りなので、いろいろ着こなせそう」と萬波。彼女が登場するムービー、インタビュー、シーズンルックは、「サク・レ」特設サイトで公開している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら