ファッション

篠原ともえやマリエによる展示も キュレーションイベント「ルームス エクスペリエンス37」に招待

 アッシュ・ペー・フランスは9月5~7日、ファッションやアート、エンターテインメントを融合した国内最大級のキュレーションイベント「ルームス エクスペリエンス(rooms experience)」を東京・五反田のTOCビル13階で開催する。入場料は2000円。

 同イベントは2000年にファッション業界関係者だけが入場できる合同展示会としてスタートし、17年から一部展示を一般開放。今回から全エリアの一般入場が可能になった。デザイナーや作家による商品の販売をはじめ、アート展、伝統工芸のワークショップなど、エンターテインメント性のあるイベントを体験することができる。

 目玉は動物モチーフで人気の仏ジュエリーブランド「ナッシュ(NACH)」の世界観がVR(仮想現実)で楽しめる「ナッシュ VR 動物園」や、京都の箔沌房の箔押し職人と3Dプリンターサービスを提供するDMM.makeのコラボレーションによる金箔を施したシン・ゴジラの模型展示、多肉植物アレンジのトキイロによるブースなど。

 芸能人によるブースも見どころだ。女優でタレントの篠原ともえとアートディレクターの池澤樹によるコラボアート展をはじめ、モデルやタレントとして活動するマリエのブランド「パスカル マリエ デマレ(PASCAL MARIE DESMARAIS)」による、ファッションでの産業廃棄物をなくすことを目的とする“THE LEFT OVER”の展示、島根県出身のお笑い芸人のネゴシックスによる似顔絵とイラスト販売の「島根GO6情報局」のブースも設けられる。

 「WWD JAPAN.com」は、「ルームス エクスペリエンス37」に100人(ペア50組)を招待する。以下のアンケートフォームから申し込みを受け付け中。応募の締め切りは8月29日15時まで。

■ルームス エクスペリエンス37
日程:9月5~7日
時間:10:00~19:00(最終日は18時まで)
場所:五反田TOCビル
住所:東京都品川区西五反田7-22-17
入場料:2000円

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら