ファッション

ビームスが現代アーティストのライアン・ガンダーとコラボ 今月から東京で大規模個展

 ビームスの「インターナショナルギャラリー ビームス(INTERNATIONAL GALLERY BEAMS)」は、イギリスの現代アーティストであるライアン・ガンダー(Ryan Gander)とコラボレーションしたアイテムを、公式オンラインショップをはじめ一部店舗で7月8日に先行発売する。

 同コラボレーションは、7月16日〜9月19日に開催される、ライアン・ガンダーの大規模個展「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」に合わせた取り組み。同氏は来日のたびにビームスに立ち寄っていたという。「Ooooo」と「Didactease」の2作品をフィーチャーし、Tシャツとトートバッグをそろえる。価格はそれぞれ税込5280円。

 作品「Ooooo」は、漫画の吹き出しのような真円のO文字を連ねた平面作品。ライアン・ガンダーの母親が、息子から作品説明を受けたときの口癖「ふぅぅん、そういう風にできているわけね」をモチーフにしている。「Didactease」は、ライアン・ガンダーのスタジオの社名であり、グラフィックは会社のシンボルロゴにも使用している。「どんなものにも、どこにおいても、一つの瞬間には一つの定義しか存在しない」ことを意味する数学的記号で構成されている。

■展覧会「ライアン・ガンダー われらの時代のサイン」
会期:7月16日〜9月19日
時間:11:00〜19:00(入場は18:30まで)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら