ビューティ

資生堂の「HAKU」から美白ケアを底上げするピーリング登場 昨年にわずか1週間で完売したアイテム

 資生堂の美白ブランド「HAKU」は8月21日、洗い流し専用の除去用マスク“HAKU ピーリング”(税込4400円※編集部調べ)を数量限定で発売する。同アイテムは2021年9月に数量限定で発売し、わずか1週間ほどで完売した製品の再販。不要な角層を取り除いて明るく透明感のある肌へ導くほか、ブランド人気の美白美容液と併用することでより美白ケアの効果が期待できる。

 同社の調査によると、シミに悩んでいる30〜50代女性のうち半数以上が美容医療を経験もしくは検討しているという。一方で、美容医療経験者の約7割がシミの再発を実感し、約6割が美容医療と美白美容液を併用。美容医療を行っても毎日のケアとしての美白美容液も重要だと考えていることが分かった。シミ対策にはターンオーバーを整えることや蓄積したメラニンを含む不要な角層を取り除くことが大切なことから、「HAKU」は不要な角層を取り除いていつもの美白ケアを底上げする“HAKU ピーリング”を発売し、消費者の美白ケアのサポートを行う。製品はドラッグストアやGMS、化粧品専門店など約5300店と、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」などのECサイトでも販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら