ビューティ

「ジバンシイ」がオンラインゲーミングプラットフォーム「ロブロックス」に登場 化粧品ブランドで初

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」は6月13日、オンラインゲーミングプラットフォーム「ロブロックス(ROBLOX)」にバーチャル空間「ジバンシイ ビューティ ハウス(GIVENCHY BEAUTY HOUSE)」をローンチする。「ロブロックス」にビューティブランドが登場するのは初めて。

 「ジバンシイ ビューティ ハウス」は創業者のユベール・ド・ジバンシイ(Hubert de Givenchy)の邸宅をイメージした城をはじめ、電車の駅やプールなどを設ける。ユーザーはアバターにメイクアップを施したり、バーチャルアクセサリーをつけたり、メイクアップコンテストにエントリーできたりする。香水“イレジスティブル”をテーマにしたダンスフロアではアバターを用いてダンスを楽しめ、1分おきにフェイスパウダー“プリズム・リーブル”を模したカラフルなパウダーがダンスフロアに舞う。香水“ランテルディ”をイメージした駅では、アバターがリップスティック“ルージュ・ジバンシイ”のバッグを当てることができる。空間全体に5つのバーチャルアイテムを当てることが可能だ。

 ロマン・スピッツァー(Romain Spitzer)=ジバンシイ パルファム(GIVENCHY PARFUMS)最高経営責任者は今回のローンチについて「新たなユニバース、デジタルゲーミング、ソーシャルプラットフォームを模索する戦略の一環だ」と話す。「大胆さを体現するブランドとして、ビューティ業界初の試みにチャレンジすることは大事なこと。未来の消費者にアプローチするためだ」。

 またアバターに施したメイクアップは、いずれ店頭でフェイスチャートに起こして、用いた製品を購入できるようになるという。「バーチャル、リアルの世界をシームレスにつなげる。両方の世界が共存するエコシステムを構想している」。そのほか例えばクリスマスの期間中は空間をホリデー仕様にしたり、リアルな世界と連動させる。「コミュニケーションプラットフォームとしても活用できる。例えば新製品のお披露めのために使うことができるだろう」。

 今回スウェーデンのスタジオ、ザ ギャング(THE GANG)と「ロブロックス」の空間を開発した。「ジバンシイ」は業界の中でもメタバースにいち早く参入し、2020年にはゲーム「あつまれ どうぶつの森」でバーチャルメイクアップを、昨年はビューティブランドとして初めてNFTを発表した。

 「ロブロックス」はアバターなどを用いてバーチャルな空間を作り、楽しめるようになっている。現在デイリーアクティブユーザー5000万人を抱え、52%が13歳以上、中でも最も成長しているのが17〜24歳だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

42ブランドが推す秋冬スタイルから見るメンズリアルトレンド 広がる“グランパコア”

「WWDJAPAN」2024年6月17日号は、“グランパコア”というキーワードを軸に、メンズのリアルトレンドを特集します。“おじいちゃんの着古した服を借りてきた”ようなスタイルの“グランパコア”が今、どのように広がっているのか。セレクト各社やアパレルメーカーの展示会取材を通して背景を考察するほか、各ブランドの24-25年秋冬の推しスタイルを通して見えてくるリアルなトレンドを紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。