ファッション

ラグタグ渋谷店でスタイリスト三田真一が選んだ古着100点を販売するイベントを開催

 デザイナーズ古着のラグタグは、スタイリスト三田真一をセレクターに起用したポップアップイベント「RAGTAG100 POP UP SELECTED BY 三田真一」を渋谷店でスタートする。期間は6月17〜26日。6月20日からは、ラグタグのオンラインストアでも一部の商品を販売する。

 同イベントは、東京国立市にあるラグタグの倉庫に集積された約30万点の古着の中からセレクターが100着を選ぶもので、今回で5回目の開催となる。過去にはミュージシャンのオカモトレイジ(OKAMOTO’S)や、フォトグラファー兼ジャーナリストのシトウレイらがセレクターを務めた。

 三田は、「コム デ ギャルソン(COMME DES GARCONS)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「エルメス(HERMES)」などのメゾン系から、「コモリ(COMOLI)」「オールドパーク(OLD PARK)」「SUNSEA(サンシー)」といったカジュアルブランドまで、「自分が影響を受けたブランドや2000年代のアイテムを中心に、メンズ・ウィメンズを問わず楽しめる服を選んだ」と話す。

 三田は1975年生まれ。スタイリスト熊谷隆志に師事し、97年に独立。翌年渡英し、ロンドンを拠点に活動。2001年に帰国してファッション誌、広告、ミュージックビデオなどを中心に活動中だ。今春、ディレクターを務める新ブランド「アイ ニーヂュー ベイベー(I NEED YOU BABY)」もスタートした。

■RAGTAG100 POP UP SELECTED BY 三田真一
日程:6月17〜26日
時間:11:00〜20:00
場所:ラグタグ渋谷店1階
住所:東京都渋谷区神南1-17-7

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら