ファッション

「アルーフ ホーム」が東京・南青山に直営店オープン 土に還る循環型ファッションを提案

 クレサヴァ(園部皓志代表)が運営するホームブランド「アルーフ ホーム(ALOOF HOME)」が、東京・南青山に直営店をオープンした。昨年11月のプレオープンを経て、本格開業となる。店舗面積は約103平方メートルで、同ブランドとヨガウエア中心の「リタ(LITA)」の商品をそろえる。

 「アルーフ ホーム」は循環型ファッションを目指し、2021年に設立。全てのアイテムに、和紙やコットン、シルクなど、自然の力で分解される天然繊維を使用している。着古した衣類は回収し、独自製法で肥料化した後、京都南丹市の自社農園“サーキュラーファーム”の土壌として活用。そこで育った野菜を顧客へ直送し、循環型社会の実現に向けて取り組んでいる。

 アイテム回収のために、2つの購入プランとして“Long Buy(定額購入)”と“Time Buy(期間型購入180日)”を用意している。“Long Buy”は1着に愛着を持つ顧客に向けたプラン、“Time Buy”は購入から180日後に返品回収、もしくは更新(キープ)を選べるプランだ。長く着れば着るほど、ブランドに服を返却した際のポイント還元率がアップするという。

 店舗では、“衣”と“食”をつなげる体験をしてほしいという思いで、アパレルや生活雑貨に加え、京都・美山の野菜を実際に食べることができるフード&ビバレッジのカウンターも併設。美山の作物を使ったスムージーや豆乳、大豆ベースのブリトーやプラントベースのマフィンなどを提供する。

■Aloof home SHOP
場所:東京都港区南青山3-2-9
電話:03-6812-9401
営業時間:11:00〜19:00
定休日:月曜日・金曜日

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら