ファッション

高島屋横浜店の“サウナー”向けイベント 地元温浴施設のグッズや“サウナパン”を販売

 高島屋横浜店は4月27日から、サウナの魅力を発信するイベント「サウナはぜんぶ違って、ぜんぶいい『横浜高島屋×サウナランド SAUNA GRADATION~サウナグラデーション~』」を開催中だ。会期は5月9日まで。箕輪厚介が創刊したサウナ専門誌「サウナランド」の協力の受け、コンセプトに“偏愛・混沌・丸裸”を掲げる。

 昨年11月に開催した「横浜高島屋×サウナランド サウナに人生を奪われた人展」に続くもので、前回好評だったTシャツやサウナハット、タオルといったサウナグッズに加え、地元横浜の温浴施設の紹介コーナーを設置してオリジナルグッズを販売する。

 サウナで大量に汗をかいた後は塩味や甘味に敏感になり、食べるものが一段とおいといわれ注目の“サウナ飯”ならぬ“サウナパン”もラインアップする。

■「サウナはぜんぶ違って、ぜんぶいい『横浜高島屋×サウナランド SAUNA GRADATION~サウナグラデーション~』」
日程:4月27日〜5月9日
場所:高島屋横浜店8階催会場
住所:神奈川県横浜市西区南幸1-6-31

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら