ビューティ

「ラッシュ」が「世界バスボムデー」を記念したキャンペーン展開 日本の四季を感じる限定バスボムも登場

 英国発のナチュラルコスメブランド「ラッシュ(LUSH)」は、4月27日を「世界バスボムデー」に制定し、それを記念した日本限定のバスボムシリーズ「四季の一服」(12個入、税込3800円)を同日発売する。全国75店舗と公式オンラインストアにて取り扱う。

 「バスボム」は、同ブランドが1989年に世界で初めて開発した入浴料で、当初英国で「バスボム」にまつわる商標を取得していた4月27日をこのほど「世界バスボムデー」とし、今年から祝っていく。

 今回登場する「四季の一服」は、日本の風呂文化に合わせて日本の原材料を使用し、四季の移ろいを感じながらお風呂で一息つけるシリーズ。通常の約3分の1の大きさとなる日常で使いやすいサイズで、12種をセットにした。同商品は、お茶を思わせる付属のティーバッグにバスボムを入れて使う。

 また、原宿店と新宿店の2店舗にて商品を体感できるアクティビティーを開催。原宿店では9月20日までコンセプトスペースとして「お風呂で一服 ポップアップ」を開設し、「四季の一服」から自分に合った3種をセレクトしてもらえるコンサルテーションやギフトセットのカスタマイズサービスなどを提供。新宿店では、4階の「LUSH SPA」にて「BOOK A BATH」が6月8日までの期間限定で登場し、「バスボム」の「レイクス」から着想を得た空間で入浴体験を味わうことができる。同店では、商品誕生の歴史を振り返る「世界バスボムデー 特別展示」も同時に開催する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら