ファッション

「セリーヌ」が南仏のムードに着想した世界15店限定のコレクション

 「セリーヌ(CELINE)」は、カプセルコレクション“プラン ソレイユ(Plein Soleil)”を4月29日から順次発売する。「セリーヌ」表参道店をはじめ、世界15店舗限定で取り扱う。

 同コレクションは、有数のリゾート地として知られる南フランスや、1970年代のサントロペの街の雰囲気を着想源にデザインした。花柄のワンピース(税込43万4500円)や、スイムウエアのトップ(同5万6100円)とショーツ(同6万2700円)、ブランドのアイコンモチーフ“トリオンフ”を飾ったラフィア素材のバッグ(同10万2300円)、オレンジカラーのキャップ(同5万1700円)、“CELINE”ロゴをあしらったビーチタオル(同5万6100円)などを用意し、夏らしいバカンススタイルを提案する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。