ファッション

フリークス ストアが名古屋パルコ店をOMO型店舗にリニューアル AIカメラ活用し商品提案

 デイトナ・インターナショナルが運営するセレクトショップのフリークス ストアはこのほど、名古屋パルコ⻄館2階の店舗をブランド初のOMO(オフラインとオンラインの融合)型店舗としてリニューアルした。

 注目は、テック企業4社と協業したオリジナルのインタラクティブミラー「+プラス ミラー(+PLUS MIRROR)」。高性能の画像認識AIカメラを搭載し、客の着用アイテムから好みを分析して、おすすめ商品を提案する。そのほか、パーソナルカラーや顔のタイプ診断、12星座と組み合わせたファッションタイプ診断なども可能。診断結果は、紙のカルテやウェブページで閲覧できる。また商品タグを読み込むと、関連するスタッフスナップや在庫状況を確認できる。

 店内には複数のタブレット端末を設置し、全てのポップをデジタルに一新した。さらに複数台設置したカメラで人の動きを集計・分析。これまで感覚値で行っていた商品陳列などのオペレーションの改善につなげる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら