ファッション

フリークス ストアが創業地、茨城・古河の店舗にコワーキングスペースオープン

 デイトナ・インターナショナルはこのほど、創業地である茨城県古河市と包括連携協定を締結し、セレクトショップのフリークス ストアで新たにテレワーク事業を開始する。茨城・古河の店舗“ザ キャンプ”フリークス ストアの2階に、コミュニティー型コワーキングスペース「アンドフリーク(&FREAK.)」を4月15日に開業する。テレワークの浸透や地方移住の関心の高まりを受けて、新たなワークスペースを提供することで地方創生に取り組む。

 敷地面積は、約300平方メートル。主にライフスタイル雑貨や家具を販売していた売り場を1階へ移動し、コワーキングスペースを新設した。1日1時間から利用可能で、料金は一律1000円。月額利用者には、個人用デスクから最大10人で使用できるアトリエオフィスを用意した。カフェスペースやブックコーナーを併設するほか、セミナーや展示会、ワークショップ、スタジオレッスンなどが開催できるスペースも完備する。店舗スタッフが運営し、‟夢中になれる人生をシェアしよう”をコンセプトに、さまざまなアクティビティーを通してコミュニティーが生まれる場の創出を目指す。

 同社はSDGsの取り組みの一環として、各地と連携した地方創生に力をいれる。過去には、長野県と獣害対策に取り組んだり、宮城県と復興支援を目的とした商品製作を行ったりしている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら