ビジネス

大迫傑が現役復帰 「もう一回ワクワクさせる場所に立ちたい」

 昨年8月の東京五輪後に現役を引退した大迫傑選手が、競技復帰を表明し、関係者向けにオンライン会見を行った。復帰レースは「未定」としつつ、大まかなタイミングについて「今年の秋冬か、来年の春くらい」と答えた。

 復帰の決め手は、昨年10月のシカゴマラソンで3位に入賞したゲーレン・ラップ(Galen Rupp)選手の走りだったという。「娘の誕生日のためにアメリカに1カ月滞在していたタイミングだった。練習を共にしていた彼が力強い走りを見せてくれて『やっぱりかっこいいな』と思うと同時に、僕ももう一回、見てくれる人をワクワクさせる場所に立ちたいと思った」。また、2月6日に行われた別府大分毎日マラソンでは、テレビ中継の一号車に乗り解説を担当し、「鎧坂(哲哉)選手(旭化成)の臨場感ある走りに興奮した。身近な選手の良い走りに刺激を受けた」と振り返る。

 2024年開催のパリ五輪については「出たい気持ちはあるが、そんなに甘くないことは僕が一番分かっている。(昨年立ち上げた会社I(アイ)の)事業も続けつつ、競技のパフォーマンスも修正しながら、さらに良くなることを目指す」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら