ファッション

パルコがジェイミー・リードとの新たな広告ビジュアル公開

 パルコはこのほど、イギリス人アートディレクターのジェイミー・リード(Jamie Reid)が手掛けた、2022年春夏シーズンの広告を公開した。同氏との協業は3年目となる。

 両者は、何を表現・発信していくべきかを毎シーズン議論し、テーマを決めてクリエイティブを制作してきた。初の協業となった20年は、渋谷パルコ再開後の企業姿勢を表現した「PARCO HEROES」、2021年は未来へ向かう希望の大切さを表現した「HOPE FLOATS」をテーマとし、2022年はコロナ禍でともに力を合わせて、夢や目標を実現していく姿勢を「TEAM HARMONY」として表現した。リードのほかにも、フォトグラファーに「プラダ(PRADA)」「マルニ(MARNI)」「アディダス(ADIDAS)」「ナイキ(NIKE)」などのビジュアルも手掛けるチャーリー・エングマン(Charlie Engman)が、スタイリストに日本生まれでロンドンを拠点に活動するアイ・カモシタ(Ai Kamoshita)が参加した。

 2022年春夏シーズンの広告は、2022 スプリングと2022 サマーの2種類で、それぞれ縦と横のグラフィックを公開。3月以降、さまざまな媒体に掲載される

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら