ビューティ

みんな違って、みんないい。猫の毛に学ぶ、個性の磨き方【ニャンダフルなコスメたち】

 狂ったように猫を溺愛する美容ライターが、猫と美容を強引に結びつける力技ビューティコラムVol.17。猫にちなんで、毎月2(ニャー)日と22(ニャーニャー)日の2(ニャー)回更新しています。今回のテーマは「猫の毛柄とヘアカラー」。かつてないほどの勢いを見せるヘアカラーブーム。インナーカラーでは飽き足らず、ハイトーンなど個性的なカラーを楽しむ人が増えてきた。今や身だしなみを超えて個性をアピールするツールとして最注目を集めるヘアカラーについて、毛柄ごとに個性や美しさが光る猫を見つめながら考察。髪色を楽しみたい人のための注目アイテムもご紹介します。

マスク生活の反動!? ハイトーン&個性派カラー人気が再燃

 空前のハイトーンブームである。数年前からインナーカラーがトレンドになっていたが、それで免疫がついたのか、ブロンドやピンクなど全頭パンチのあるカラーを楽しむ人が爆発的に増えた。

 K-POPアイドルたちの影響か、コロナの鬱憤晴らしか、個をアピールしたくなる風の時代の影響か、マスクメイクの限界からくる反動なのかなんなのか。とにかく、かつてないほどの盛況ぶりである。

 かくいう私も現在、アラフォー(正確には41歳)にしてレベル16程度の金髪をお楽しみ中である(最終目的はプラチナブロンド)。そもそもペーパー美容師で、専門学生時代やサロン勤務のころに散々ヘアカラーを楽しんできた。髪色を変えることになんの抵抗もないタイプなので、軽いイメチェンのつもりでトライしてみたが、自分が想像していた以上の変化にびっくり。「何これ。ヘアカラーって、こんなに楽しかったっけ……?」と秒でハッピーな気分に。ミディアムレングスでハイトーンをしたので思っていたよりインパクトが強かったのもあるが、髪色でこれだけ印象もマインドも変わるということに改めて気づき、「なるほど、こりゃハマるわ」と納得してしまった。

 髪色を変えると世界が変わる。というと大げさに聞こえるかもしれないが、個人的にはそう思う。実際にやってみて似合うメイクも服も微妙に変わったし、興味の対象も美容の知識も広がった。これまでは職業やシーンによって“ふさわしいとされる髪色”(浮かない、好印象など……)がなんとなくあったように思えるが、「えっこの人が!?」というタイプまで攻めたヘアカラーを楽しむような時代になってきたのだから、個性を輝かせるツールとして、もっともっと自由度が増していくことを願いたい。少なくとも、髪色でイメージを決めつけたり職業が狭められたりすることが減るといいなと思う。

個性は“毛”に宿る!? 毛色の数だけキレイがある! 

 猫の毛色や毛柄は実に複雑。そのバリエーションの多さは犬をも上回るというが、毛色や毛柄によって、ざっくりキャラが分かるとか。

 もっとも野生的な毛柄といわれるキジトラは、ブラウンベースに黒っぽいしま模様。野生ではもっとも見つけづらい保護色をしており、だから性格もワイルドさが残る猫らしい性格をしているという。なんだか無難なブラウンヘアで大人しそうに見えて、一筋縄ではいかないあざと女子のようだ。黒猫はミステリアスなムードを醸しつつも、実はおおらかで優しい性格。キジトラ同様、野生で目立たないため警戒心が少なく、ときに大胆な行動をとることも。クールに見えてあどけない一面を持つ小松菜奈のような、ギャップ萌えがたまらんタイプといえる。そしてヒマラヤンやシャム、ラグドールなど、ポインテッド系の猫は総じてフレンドリーで温和な性格が多く、甘えん坊なかまってちゃん。根元からジュワッとグラデがかかったシャドールーツや毛先のみのポイントカラーを楽しむアピール強めのグイグイ系と、なんとなく人間のヘアカラー嗜好にも当てはまるような……。

 マスク生活が続く今、メイクでできない色遊びが髪でならかなう。だからみんな、猫のように自分らしい毛色で、自分を解放したいのかもしれない。

個性がキラリ 髪色を輝かせるヘアケア&1dayヘアチェンアイテム

 ということで今回は、ヘアカラーの色持ちを良くし髪色を最大限に輝かせるカラーケアアイテムや、人気の1dayヘアチェンをかなえるヘアチョークをピックアップ。理想の髪色で個性を解き放て!

 “ムラシャン”は、ハイトーンカラーを楽しむ人のマストアイテム。「ケラスターゼ(KERASTASE)」の“ブロンドアブソリュ”シリーズなら、黄味やオレンジ味を抑え色味を補正してくれるのはもちろん、サロンクオリティーのダメージケアも両立。潤い溢れるみずみずしい艶で髪色イキイキ!

 ドライヤーやアイロンによる熱ダメージや、紫外線も退色の原因に。「オラプレックス(OLAPLEX)」のオイルは、そのどちらからも髪を守る頼もしいアイテム。サラッと髪になじむ軽やかな使い心地で、ダメージを補修し毛髪を強化。ヘルシーな艶をたたえた柔らかな髪へと導いてくれる。スタイリングオイルとしてもおすすめ。

 仕事柄、どうしてもカラーを楽しめない人は1dayカラーにTRY。「ゴットゥービー(GOT2B)」の“ヘアチョーク”は、黒髪に使用しても見たままに発色し、シャンプーで落とせる1dayタイプ。内側のスポンジ面を髪の内側に、チョーク面を外側にして挟んですっと滑らせるだけで、鮮やかな髪色にチェンジ。単色はもちろん、多色使いでグラデ塗りを楽しんでもGOOD!

 猫のように、自分らしさをより魅力的にアピールするために。名刺がわりになる自分だけの美を、髪色で咲かせてみよう!

参考
「猫の毛色&模様 まるわかり100!」学研ムック

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。