ビューティ

資生堂がクリエイティブ部門を分社化

 資生堂はこのほど広告宣伝、化粧品パッケージデザインなどを手がけるクリエイティブ部門を 100%子会社化し、資生堂クリエイティブを設立した。社長には資生堂のエグゼクティブオフィサー チーフクリエイティブオフィサーの山本尚美氏が就任する。社員数は93人(1月1日時点)。

 資生堂クリエイティブは資生堂が1916 年に創設した意匠部(初代社長福原信三が設立した、ポスター、パッケージ等のデザイン及び宣伝広告の企画担当部門)時代から培ってきた感性に基づくクリエイティブ、新たな未来の美をデザインすることを主業務とする。「美の力、クリエイティビティの力を信じ、世界に感動をもたらす。」をパーパスに掲げ、ブランドと人を結び付け、美を楽しむ体験を創造し、人々の心を豊かにする会社を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら