ファッション

「セヤ.」が残布の発生を極力抑えた新プロジェクトを始動 ロンハーマン限定でオーダー会開催

 パリ在住のクリエイティブディレクター瀬谷慶子が手掛ける「セヤ.(SEYA.)」は、残布の発生を極力抑えたパターンを実践する新プロジェクト“ゼロ ウエイスト(ZERO WASTE)”を始動した。ロンハーマン(RON HERMAN)限定で、オーダー会を開催中だ。

 同プロジェクトは、パリで生地の廃棄をゼロに近付けるためのパターンを研究する団体エクササイズ0と協業した。通常の服の生産工程では、型紙の隙間に当たる生地や裁断くずと呼ばれる製品には使われない生地が30〜40%発生すると言われるが、アイテムのシャツ(税込5万3900円)とパンツ(同4万7300円)の2型は、どちらも発生する残布を2%未満に抑えた。さらにごく少量の残布をタグに再利用し、生地の廃棄を実質ゼロにしている。

 瀬谷クリエイティブディレクターは、「ファッション産業が自然環境にどれだけの負荷を与えているかということを知るたびに、服を作っている側として心が痛む。サステナブルという言葉が安易なマーケティング用語で終わらないように、ちょっとずつできることを始めていこうと思ったことの一つが、このプロジェクトだ。『セヤ.』のデザインをゼロウエイストのパターンに当てはまるような型にするのは、今までとは違う取り組みであり、新たな挑戦だった」とコメントした。

■ZERO WASTE by seya. special ordering
日程:1月15〜23日
場所:ロンハーマン神戸
住所:兵庫県神戸市中央区三宮町3-6-1 神戸BAL ANNEX

日程:1月22〜30日
場所:ロンハーマン公式オンライン

日程:1月29日〜2月6日
場所:ロンハーマン有楽町
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 ルミネ有楽町店 ルミネ1 1階

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら