ファッション

リセール文化が根付いているアメリカ

有料会員限定記事

 まだ着られる服を捨てることに罪悪感があるわりには、購買意欲も普通以上にある私は、以前からリセールを定期的に利用していた。売る側としても、10年くらい前まではマンハッタンにある日系のリセールショップに、その後は地元ブルックリンのショップに持って行ったりしていた。電話でアポを入れ持って行き、一点ずつ値段をつけてもらうシステム。「シャネル(CHANEL)」などは即売れるものの、若手デザイナーのアイテムは売れても大した額にはならない。リセールに行くと、市場での本当の人気を目の当たりにする。業界で話題かなんて、店頭では関係ないからだ。

 アメリカにはもともとリセール文化が根付いており、ビーコンズ・クロゼット(BEACON’S CLOSET)やバッファロー・エクスチェンジ(BUFFALO EXCHANGE)といった古着店があちこちにあるほか、スリフトストア(非営利団体によるチャリティーショップ)もたくさんある。しかし、一度着た服の売り買いが大きく進歩したのは、ラグジュアリーブランドの中古品を扱うECサイトで実店も持つザ・リアルリアル(以下、TRR)や、中古衣料ECのスレッドアップ(THREDUP)が登場してからだろう。スレッドアップが、まるでスリフトストアのようにゴミの山からキラッと光る一点を探す感覚だとすれば、TRRは欲しいものが必ずあるセレクトショップで買い物をするような気分だと言える。

【米人気リセールEC企業】

この続きを読むには…
残り1691⽂字, 画像6枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら