ビジネス

麻布に“オークウッドホテル&アパートメンツ麻布”が開業 アメニティーには「コンフォートゾーン」を採用

 プライベートな空間と高品質なホテルサービスの快適さを兼ね備えたサービスアパートメントを運営するオークウッド(OAKWOOD)は1月14日、東京・麻布に、国内では13軒目となる“オークウッドホテル&アパートメンツ麻布”を開業する。

 同物件は、三井不動産レジデンシャルが開発する初のホテルライセンス型サービスアパートメントだ。東京タワーや六本木から徒歩圏内で、ビジネス地区にも隣接しているという、観光とビジネスにおいて便利なロケーションに立地。和とモダンが融合したアートで表現した、数々の展示品を館内の随所にあしらい、上質な寛ぎの空間を演出している。

 パブリックエリアには、“AZABU INSPIRATION-移ろいゆく麻布-”をテーマに、麻布の“四季の移ろい”をシーン別に表現したアート作品を配した。エントランスを入った正面一面に飾られた大絵巻は、日本古来の伝統とストリートカルチャーを融合した作品で、世界でも注目のデザイナーBAKIBAKI 氏が手掛けた。

 全171室の客室には、木の温もりを感じられる家具を配し、スタイリッシュでコンテンポラリーなデザインが調和した、自宅のように寛げる空間を創出。全室にフルキッチン、洗濯乾燥機、空気清浄機、55インチのスマートテレビなど最新設備が備わっている。

 全室に開放的なバルコニーがあり、東京の景色を楽しめるほか、アメニティーにはイタリアの自然派ブランド「コンフォートゾーン(COMFORT ZONE)」を採用。五感から1日の疲れを癒してくれる設計になっている。

 SDGs達成に向けた取り組みとして、ミネラルウォーターにはリサイクル可能なアルミ缶を採用。ボールペンは軸の周りを再生紙でくるんだペーパーボールペンにしたほか、制作物には非木材である竹パルプを配合した環境に優しいファインペーパー竹はだなどを使用している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら