ファッション

「H&M」がバーチャルファッションを発表 デジタル限定ルックを着用できるイベントも

 「H&M」は、ブランド初となるバーチャルファッションを1月11日に発表した。バーチャルファッションはフューチャリスティックな素材を使用したオーバーサイズのベストとレオタード、オレンジの光を放つニット、ネオンカラーのパーカとパンツの3ルックで、仮想空間ならではのディテールを再現し、体型や性別を問わず、多様性を追求したデザインを取り入れた。

 発表に合わせて、日本やアメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、インドの6カ国で1月10〜31日にオンラインコンペティションを行う。応募者は同社の公式サイトで3ルックの中から1つを選び、名前をつける。当選者3名は自身の写真とルックが合成されたデータを受け取ることができる。ルックはコンペティションの賞品としての提供のみで、製造・販売する予定はない。

 キャンペーンビジュアルにはHBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game Of Thrones)」でアリア・スターク役を演じ、「H&M」のサステナブル・アンバサダーを務めるメイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)を起用した。

最新号紹介

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。