ファッション

「H&M」がバーチャルファッションを発表 デジタル限定ルックを着用できるイベントも

 「H&M」は、ブランド初となるバーチャルファッションを1月11日に発表した。バーチャルファッションはフューチャリスティックな素材を使用したオーバーサイズのベストとレオタード、オレンジの光を放つニット、ネオンカラーのパーカとパンツの3ルックで、仮想空間ならではのディテールを再現し、体型や性別を問わず、多様性を追求したデザインを取り入れた。

 発表に合わせて、日本やアメリカ、イギリス、フランス、デンマーク、インドの6カ国で1月10〜31日にオンラインコンペティションを行う。応募者は同社の公式サイトで3ルックの中から1つを選び、名前をつける。当選者3名は自身の写真とルックが合成されたデータを受け取ることができる。ルックはコンペティションの賞品としての提供のみで、製造・販売する予定はない。

 キャンペーンビジュアルにはHBOの人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game Of Thrones)」でアリア・スターク役を演じ、「H&M」のサステナブル・アンバサダーを務めるメイジー・ウィリアムズ(Maisie Williams)を起用した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら