ファッション

「アニヤ・ハインドマーチ」が生分解性にフォーカスしたバッグを発売

 英国発のバッグブランド「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」は12月9日、重金属のクロムを使わずになめしたレザーを使い、生分解性にフォーカスしたというバッグのコレクション、“リターン トゥー ネイチャー(RETURN TO NATURE)”を日本で発売する。モデルで環境アクティビストでもあるアリゾナ・ミューズ(Arizona Muse)の活動に着想を得ており、売り上げの一部はミューズが運営する循環型農業普及のための団体、DIRTに寄付する。

 レザーのなめしには「生分解を妨げるといわれる」クロムが一般的に使われてきたが、植物由来のタンニンなどでなめす手法がこの10年ほどで徐々に広まってきている。“リターン トゥー ネイチャー”では、そうしたなめし手法を取り入れたトレーサビリティーの確保されたレザーを使用。コーティング剤として、ポリウレタンなどの代わりにカイコの体内にあるという「液状絹」を用い、アジャスターなどの副資材も排した。これにより、「28日間でバッグの64%が生分解される」という。

 コレクションはトートバッグ(16万8300円=税込)、クロスボディーバッグ(11万円)、バケットバッグ(大15万8400円、小12万7600円)、木の葉をかたどったチャーム2種(各2万9700円)があり、それぞれナチュラルなブラウンとチョコレートブラウンの2色展開。イニシャルなどによるパーソナライズも可能だ。

 「アニヤ・ハインドマーチ」は、“I’m not a plastic bag”というメッセージを配したキャンバス製トートバッグを2007年に発売し、プラスチック製レジ袋の使用にアクションしてきた経緯がある。“リターン トゥー ネイチャー”は、日本では公式ECと、9〜11日に東京・渋谷のトランクホテルで開催するポップアップストアで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。