ファッション

「アニヤ・ハインドマーチ」が生分解性にフォーカスしたバッグを発売

 英国発のバッグブランド「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」は12月9日、重金属のクロムを使わずになめしたレザーを使い、生分解性にフォーカスしたというバッグのコレクション、“リターン トゥー ネイチャー(RETURN TO NATURE)”を日本で発売する。モデルで環境アクティビストでもあるアリゾナ・ミューズ(Arizona Muse)の活動に着想を得ており、売り上げの一部はミューズが運営する循環型農業普及のための団体、DIRTに寄付する。

 レザーのなめしには「生分解を妨げるといわれる」クロムが一般的に使われてきたが、植物由来のタンニンなどでなめす手法がこの10年ほどで徐々に広まってきている。“リターン トゥー ネイチャー”では、そうしたなめし手法を取り入れたトレーサビリティーの確保されたレザーを使用。コーティング剤として、ポリウレタンなどの代わりにカイコの体内にあるという「液状絹」を用い、アジャスターなどの副資材も排した。これにより、「28日間でバッグの64%が生分解される」という。

 コレクションはトートバッグ(16万8300円=税込)、クロスボディーバッグ(11万円)、バケットバッグ(大15万8400円、小12万7600円)、木の葉をかたどったチャーム2種(各2万9700円)があり、それぞれナチュラルなブラウンとチョコレートブラウンの2色展開。イニシャルなどによるパーソナライズも可能だ。

 「アニヤ・ハインドマーチ」は、“I’m not a plastic bag”というメッセージを配したキャンバス製トートバッグを2007年に発売し、プラスチック製レジ袋の使用にアクションしてきた経緯がある。“リターン トゥー ネイチャー”は、日本では公式ECと、9〜11日に東京・渋谷のトランクホテルで開催するポップアップストアで販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら