ファッション

好みの写真をバッグにできる 20年前に大ヒットした「アニヤ・ハインドマーチ」の“Be A Bag”が復活

 イギリス発のバッグブランド「アニヤ・ハインドマーチ(ANYA HINDMARCH)」は8月12日、購入者の好みの写真をバッグにプリントする“Be A Bag(ビー・ア・バッグ)”を20年ぶりに復活させる。

 同バッグは、20年前にデザイナーのアニヤが親しい友人の生まれたばかりの赤ちゃんの写真をバッグにプリントしてプレゼントしたことにはじまり、パーソナライズサービスとして開始。当時は好評のためロンドンのボンドストリート店には長い行列ができ、英国スターのエルトン・ジョン(Elton John)やケイト・モス(Kate Moss)も愛用したことで話題になったというアイテムだ。

 今回はリサイクルペットボトルを使ったキャンバス地のトートバッグ3型、クラッチ、ウォッシュバッグ(ミニバッグ)2型の計6種類のバッグに、好みの写真をプリントできる。価格は3万3000〜13万2000円。日本では、「アニヤ・ハインドマーチ」オンラインストアで8月12日からオーダーの受付を開始。約2カ月の製作期間を経て、購入者へ届ける。売り上げの一部は、日本国内でガンの研究・治療を行う機関へ寄付を行う予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら