ビューティ

「バウム」初のオードトワレが数量限定で誕生 “豊かな森が目覚める瞬間”をイメージ

 「樹木との共生」をテーマに掲げるブランド「バウム(BAUM)」から11月4日、ブランド初のオードトワレ“バウム オードトワレ フォレスト ドーン”(税込1万4300円 ※編集部調べ)数量限定で登場する。オードトワレは「バウム」ストア9店舗とオンラインサイトで購入可能。

 2020年6月にデビューした「バウム」は、「樹木がくれる、美しい世界のはじまり」をメッセージに掲げ、製品の90%以上を自然由来の素材から製造するスキン&マインドケアブランド。製品や店頭はサステナブルな循環を意識し、製品の本体部分はリサイクルガラス、外箱はFSC認証紙を使用。木製のパーツは木製家具メーカーのカリモク家具とのコラボレーションにより、家具の製造工程で発生した小さい木材を再生利用している。

 初のオードトワレ“バウム オードトワレ フォレスト ドーン”は、苔むした古木が力強く根を張る、“豊かな森が目覚める瞬間”をイメージ。トップノートはジンジャー、オリバナム、ピメント、ミドルノートはナツメグ、ローズ、スズラン、ベースノートはシダーウッド、アンバー、ムスクといった、深い森を想起させる柔らかくふくよかな香りだ。木製パーツにはブランド初のウォールナット材を使用する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

いま知っておきたいサステナビリティ基礎&最新用語AtoZ 【WWDJAPAN BEAUTY付録:世界5カ国のサステナブルビューティ最新事情】

「WWDJAPAN」5月27日号は、「サステナビリティ用語特集 AtoZ 2024年版」です。サステナビリティ関連は、新しい技術や考え方、団体の登場に伴い、新語が次々登場しています。本特集ではファッション×サステナビリティに関連する65の言葉をピックアップ。最新データーと関連ニュースを交えて2024年版としてまとめました。特に「デジタルファッション」「グリーンウォッシュ」「プレ/ポストコンシューマ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。